高橋文哉“弾”ら8LOOMのライブパフォーマンスに視聴者熱狂「推します!」

公開: 更新:
高橋文哉“弾”ら8LOOMのライブパフォーマンスに視聴者熱狂「推します!」
最新エピソードを無料視聴

本田翼が主役を務める火曜ドラマ『君の花になる』(TBS系、毎週火曜22:00~)が、10月18日よりスタート。SNS上では、8LOOMのライブパフォーマンスを見た視聴者たちから、“8LOOM推し”になったという声が寄せられた(以下ネタバレが含まれます)。

元高校教師の仲町あす花(本田)は、ある出来事がきっかけで退職。それからは姉の優里(木南晴夏)と一緒に住んでフードワゴンを手伝っていたのだが、姉の結婚をきっかけに自立を決意。求人誌で住み込み寮母の募集を発見し「可能性あふれる若者をサポートする仕事です」という内容や「手取り25万円」という部分に惹かれて応募してみると、見事に合格する。

添木ケンジ(宮野真守)に寮内や規則を案内してもらい、この寮はデビューするも売れない7人組ボーイズグループ・8LOOMが住んでいることも伝えられる。しかもグループのリーダーはかつての教え子・佐神弾(高橋文哉)だったのだが「新しい寮母はいらない」「あんたのこと覚えてないから」と冷たく言われてしまう。

そんな彼らの心を掴むためにお弁当を届けようと、事務所のレッスン場を訪れたあす花。そこに社長の花巻由紀(夏木マリ)が急に現れて、8LOOMに「半年後にあなたたちとの契約を解除します」と告げる姿を見てしまう。

その言葉に何も言わないメンバーたちに、あす花は「なんで何も言わないの?」「言わなきゃ伝わらない」と説教。レッスン場を飛び出した弾に「教師を辞めたやつに言われたくない」と言われてしまうも、「どんな選択をしても佐神くんを応援する」と背中を押すのだった。

劇中の8LOOMのパフォーマンスに、SNS上では「8LOOM推します!」「みんなダンス上手い」「推しを応援する気持ちが加速するドラマ」といった感想が寄せられていた。

次回、第2話は10月25日に放送。8LOOMは事務所との契約更新をかけて「半年以内に弾が作った新曲で配信チャート1位を獲る!」と最後のチャンスを与えられる。

PICK UP