意識を失ったリョーマ…勝機はあるのか!?『新テニスの王子様』第13話

意識を失ったリョーマ…勝機はあるのか!?『新テニスの王子様』第13話

TVアニメ『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP (アンダーセブンティーンワールドカップ)』(テレビ東京ほか、毎週水曜24:00~)の第13話が、9月28日に放送される。

許斐 剛(このみ たけし)による同名漫画を原作(集英社 ジャンプ コミックス刊「ジャンプ SQ.」連載)とし、2001年よりアニメ放送を開始した『テニスの王子様』。2012年には続編『新テニスの王子様』もアニメ化されたほか、映画やミュージカル(通称:テニミュ)などへと展開する人気作品だ。

TVアニメシリーズ放送開始から20周年という節目にスタートする『新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP』では、『新テニスの王子様 OVA vs Genius10』のその後が描かれる。

U-17(アンダーセブンティーン)日本代表合宿に参加した主人公・越前リョーマ(CV:皆川純子)だったが、合宿の規範を破ったとされ退去を命じられてしまう。合宿所を後にしたリョーマは兄である越前リョーガ(CV:宮野真守)の誘いでアメリカ代表として、「U-17 WORLD CUP」に参戦することを決める。プロとなるためドイツに渡った手塚国光(CV:置鮎龍太郎)と、アメリカ代表となったリョーマが日本代表の敵となる中、「U-17 WORLD CUP」が開幕する───。

なお、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話と第12話(※)が見逃し配信中だ。※第12話は9月30日(金)23時59分に終了予定

<第13話「サムライvs騎士(ナイト)」あらすじ>
打ち返された「ホープ」によって吹っ飛び、意識を失ったリョーマ。ベンチへ運ばれたリョーマに呼びかける仲間達。

リョーマは夢を見ていた――幼い日、リョーガと共に古井戸に落ちてしまい、必死に這い登ろうとした時のことを。

何度失敗しても、再び挑む幼き日のリョーマ。諦めない、決して……!

メディカルタイムアウトが迫り、リョーマの棄権が宣言されようとした時、「勝手に試合終わらせないでくれる?」――王子様は目覚め、再びコートに立つ。

「ホープ」を封じられたリョーマに勝機はあるのか? 決着の時――迫る!

PICK UP