坂口健太郎“小勝負”とダイロクチームとの信頼関係に反響「めっちゃ感動」

坂口健太郎“小勝負”とダイロクチームとの信頼関係に反響「めっちゃ感動」
最新エピソードを無料視聴

坂口健太郎がW主演を務める月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の最終話が、9月19日に放送。ネット上では、小勝負勉​​(坂口)とダイロクチームの信頼関係に「めっちゃ感動」などの声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

原作は新川帆立の同名小説。公正取引委員会を舞台に、天才で理屈っぽい小勝負と、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(杏)​​ら第六審査・通称“ダイロク”の面々が、談合や価格カルテル(企業間で協定を結び、市場における生産数や販売価格を調整する行為のこと)など不正を働く企業の隠された事実を、あの手この手であぶり出していく。

地元・愛媛に異動となった小勝負。父の墓に藤堂清正(小日向文世)​​の不正を暴いたと報告したあと、スーパー「エースマート」にご当地のパンを買いに行った。お目当てのパンを買ったあと、小勝負は店内の商品が安すぎることに違和感を覚えた。パンをポケットに入れ、店内を見回っていると、店長の松尾優(迫田孝也)​​に万引きと間違えられ、事務所へ連れていかれる。

ダイロクチームに協力を求める小勝負(坂口健太郎)
ダイロクチームに協力を求める小勝負(坂口健太郎)

小勝負は万引きを否定していると、店内から悲鳴と銃声が聞こえた。様子を見に行くと地元のケーキ店の店主・田嶋忠信(加藤虎ノ介)​​が猟銃を持って従業員を脅していた。エースマートができたせいで店が潰れたらしい。警察には、東京本社にいる社長・大谷正和(袴田吉彦)を呼び出すよう要求した。

事情を聞いた小勝負は「このスーパー不正を行っている可能性があるんです」と述べ、罪を犯さなくても真っ当な方法で思いを晴らすことができるかもしれないと訴えた。まず、ホワイトボードを使って同スーパーが「不当廉売」という不正を行っている可能性があると説明。その不正の証拠を見つけるために、資料を確認することになった。しかし与えられた時間は1時間。小勝負はダイロクチームにも連絡をとって手伝ってもらうことに。

その後、警察と松尾が対峙。大谷もやってきた。不正についてはシラを切られるだけでなく、同社は証拠が残らないように徹底していた。しかし、東京にいるダイロクに力を借りればその不正を暴くことができる。小勝負は「うだうだ文句言いながらも、なんだかんだやってくれるすごい人たちがいるんです」とポツリ。立てこもり事件をテレビ中継で見ていたダイロクは「ただでさえ忙しいって言うのに」と動き始めていて……。

人質になった小勝負を心配するダイロクチーム
人質になった小勝負を心配するダイロクチーム

ネット上では、​​ダイロクと小勝負の信頼関係とチームワークに「素敵」「めっちゃ感動」「最高のチーム」との声が。また、小勝負が人質になっているにもかかわらず、ホワイトボードで「不当廉売」を説明するシーンには「シュールだった」「勉強会笑った」との声があった。​​

なおTVerでは、ドラマの後半をまとめたダイジェスト動画が配信中。

PICK UP