大橋和也“福田”、福地桃子“さとみ”と3度目の再会に「奇跡が起きて嬉しい」

大橋和也“福田”、福地桃子“さとみ”と3度目の再会に「奇跡が起きて嬉しい」

大橋和也なにわ男子)が主演を務める日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の『消しゴムをくれた女子を好きになった。』(日本テレビほか、毎週月曜24:59~)の第9話が、9月19日に放送。福田悠(大橋)と伊藤さとみ(福地桃子)の3回目の再会に、SNS上では「奇跡が起きて嬉しい」といった喜びの反響が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、実話に基づく、笑いあり涙ありの13年間の青春ラブストーリー。主人公・福田が中2から1人の女性・さとみを思い続ける13年間の片思いと、その様子を見守る親友の板倉和希(なにわ男子・藤原丈一郎)と森友彦(Aぇ!group関西ジャニーズJr.小島健)の友情が描かれる。

さとみに恋をして11年。26歳になった福田は社会人となりメンテナンス会社で働いている。そうした中、中堅社員の福田は新入社員の伊藤竜也(三浦獠太)、松平(石川瑠華)の面倒を見ることに。いつしか松平から恋心を寄せられていた福田は、伊藤と3人でカラオケに行った際に、松平から告白を受ける。

上司だからと断る福田だったが、納得がいかない松平を前に、「ずっと好きな人がいるんだ」と正直に打ち明けると、「福田さんのそういうところが好きでした」と松平はスッキリとした顔を見せる。

その間、酔いつぶれ寝てしまった伊藤を福田が自宅まで送ると、そこにはさとみの姿が。そこで初めて、伊藤がさとみの弟だったことが判明する。点と点が線でつながった瞬間、福田はこれまで3度も弟に恋路を邪魔されたことを思い出し、伊藤に「消しゴム、骨折、ハンバーグ」と激怒。その帰り道、福田とさとみは3回目の再会について語り、見つめ合うのだった。

SNS上では、「奇跡が起きて嬉しい」「奇跡は待ってたんだ」といった喜びの声をはじめ、「#消しゴム骨折ハンバーグ」がトレンド入りする爆笑パワーワードとして取り上げられ、「おもしろ過ぎる」「笑った」などの盛り上がりを見せた。

次回最終話は9月26日に放送。13年に及ぶ片思いの結末が描かれる。なお、第9話放送後から、最終話を前に「福田の恋をいっき見企画!」と題し、TVerで9話まで配信予定となっている。

PICK UP