伊藤英明“雪松”は真犯人なのか?林遣都“鈴之介”は捜査を進めるが…

公開:

林遣都仲野太賀がW主演を務める土曜ドラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第9話が、9月17日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、脚本家・坂元裕二が手掛ける小洒落てこじれたミステリアスコメディ。ヘマをして現在停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介(林)のもとに総務課・馬淵悠日(仲野)、生活安全課・摘木星砂(松岡茉優)、会計課・小鳥琉夏(柄本佑)――部署もバラバラで、それぞれ訳ありの4人が集まった。一人ひとり、こじれた事情を抱えながら、刑事とは違った感性と推理で難事件を解明する。

前回第8話では、“第3の事件”の容疑者・桐生菜々美(あかせあかり)に逮捕状が出る。冤罪の可能性が高いと考えた鈴之介、摘木、森園は、雪松鳴人(伊藤英明)にターゲットを絞り調べることになるが……。

<第9話あらすじ>
馬淵悠日(仲野)と小鳥琉夏(柄本)は、独自に雪松鳴人(伊藤)の周辺を調べ始める。2人が雪松を尾行し家の前で張り込んでいると、帰宅する雪松とちょうど出かける息子・弓弦(菅生新樹)の会話が聞こえてくる。2人の様子はごく普通の家庭に見える。事件は家族には関係ないと主張する悠日に対して、琉夏は息子に疑いの目を向ける。

服役中の淡野リサ(満島ひかり)と面会した鹿浜鈴之介(林)は、星砂(松岡)にその時の様子を伝える。リサが深く傷ついていたと知った星砂は、リサを苦しめた人間を殺したい、と心を乱す。鈴之介はあなたにそんなことはさせません、と星砂を抱きしめる。

鈴之介、星砂、森園真澄(安田顕)は、手分けして捜査を進める。鈴之介は、3年前に悠日の兄・朝陽(毎熊克哉)が転落死したホテルへ向かった。鈴之介が聞き込みをしていると、事件当日のことを覚えているという従業員が見つかる。森園は3人の被害者の家族を訪ね、3人の被害者にある共通点を見つける。

3つの事件が連続殺人であり、雪松がその真犯人と確信する鈴之介と森園。森園は雪松の告発を急ぐべきだ、動機や理由はあとからでいいと主張するが、鈴之介はそれでは雪松署長がリサにしたことと同じになる、とぶつかってしまう。業を煮やした森園はその場を飛び出してしまう。

一方、雪松の家の張り込みを続けていた悠日と琉夏は、家を出る弓弦を尾行し、弓弦のある行動を目撃する。

画像ギャラリー