ザ・マミィ林田、涙のコンビ結成秘話を語る「僕が無理矢理告白させた感じ」

ザ・マミィ林田、涙のコンビ結成秘話を語る「僕が無理矢理告白させた感じ」
最新エピソードを無料視聴

ザ・マミィ林田洋平酒井貴士)が、9月2日放送の『ジンギス談!』(HBC、毎週金曜24:20〜)に出演。知られざるコンビ結成秘話を語った。

2016年、木場知徳とともにトリオ「卯月」を結成し、2017年には『キングオブコント』準決勝に進出した林田と酒井だが、2018年に「卯月」は解散。当時『キングオブコント』出場期間中で準々決勝まで進んでいたものの、解散のために出場をキャンセルせざるを得なかったという。

「なんで!?」と驚くタカアンドトシタカトシ)に、「ホント方向性が合わなくて」と林田。酒井いわく「(木場が)テレビ向きじゃないお笑いが好きだった」という。トリオ解散以降、酒井は酒浸りの生活に。林田は酒井とお笑いを続けたかったが、声をかけることができなかったと語る。

そんななか「ゾフィーの上田(航平)さんが間に入ってくれて、『酒井はどう思ってんだ?』ってガンガン言ってくれた」と林田。すると酒井は上田に「林田さんとやりたいです」と答え、「ザ・マミィ」を結成することになったという。

「ちょっと僕が無理矢理告白させた感じになって」と林田。酒井は「上田さんから『どうしたいの酒井くんは?』つって、たしかになぁと。『もう一回お笑いやんないの?』みたいな。『誰か組みたい人いない?』みたいな。あぁ、ちょうど目の前に手っ取り早いのいるわ、って思って『やろーぜ!』って。ガハハ」と笑いながら語り、トシに「飲み屋で会ったオヤジじゃねーか!」とツッコまれる。

「そしたら(林田が)泣きはじめちゃって。『その言葉、言ってほしかった』みたいな」と酒井。「恋愛じゃねーか!」とツッコむトシに「ホントどん底だったんで……(芸人)辞めなきゃいけないぐらい(の瀬戸際だった)」と林田。一方、酒井はその倍泣き、さらに「それを見ていたゾフィーの上田さんが8倍ぐらい泣いてた」といい、「それが結成(のきっかけ)です」と語っていた。

次回9月9日の放送では、ザ・マミィのコント台本をタカトシらが初読みする。

PICK UP