玉森裕太“粋”と中村アン“真夢”の過去エピソードが「エモい!」

玉森裕太“粋”と中村アン“真夢”の過去エピソードが「エモい!」
最新エピソードを無料視聴

玉森裕太Kis-My-Ft2)が主演を務める金曜ナイトドラマ『NICE FLIGHT!』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)の第7話が、9月2日に放送。倉田粋(玉森)と渋谷真夢(中村アン)が過去に会っており、粋が真夢に夢のきっかけを与えていたことも明らかとなり「エモい!」とSNS上で話題となった(※以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、空と空港という、現実と非現実の“乗り継ぎ地”を舞台に繰り広げられるパイロットと女性管制官のラブストーリー。

祖父の勝成(小野武彦)が倒れたと連絡が入り、すぐに青森の実家に帰った真夢。そんな時に粋から「美味しいものでも食べに行かない?」と電話がかかってくるのだが、以前彼の元カノ・本谷光希(筧美和子)から「会いたい」というメールが届いているのを見てしまった真夢は青森に来ていることを伝えず、食事の誘いも「他に用事があるんじゃないの?」「仕事が忙しくてしばらく会えない」と断ってしまう。

また移行訓練中の粋もペアの岡島瑛人(佐伯大地)との対立が悪化し、訓練に支障をきたす始末。そんな中、機長の喜多見七海(吉瀬美智子)の計らいで岡島と食事する機会が設けられ、そこで腹を割って話したことでお互いの意識を合わせることに成功。最終試験でチームワークを発揮することができたのだった。

無事に合格した粋が空港を出ると光希が待ち構えており、「時間がないの!」と無理やり粋を引っ張りどこかへ連れて行く。その様子を、偶然にも真夢と夏目幸大(阿部亮平)が目撃してしまい……。

その後、粋が再び空港へ戻ると夏目が待ち構えており「真夢さんが大変な時に何してるんですか!」と激怒。真夢の祖父が倒れたことや、真夢がいっぱいいっぱいな状態であることを伝えられ、粋は戸惑う。

その足で真夢の家を訪れ、なぜ勝成のことを教えてくれなかったのかと聞く粋。真夢は「今は訓練の方が大事でしょ。余計な心配かけたくなかったから」と言い、さらに光希と2人で会っていたことを話題に出すと、ちょっとした言い合いのようになってしまう。

仲直りしないまま、真夢は祖父が心配なため青森へ帰ろうかと思い、異動願いを出そうとしていた。祖父に電話し「おじいちゃんに恩返しがしたくて管制官になったんだよ」と伝えると、「恩返しはもう終わっている。自分の人生を生きればいい」と言われ涙するのだった。

その言葉で青森へ帰ることをやめた真夢は、粋の家へ。そこで、過去に羽田空港で出会い、真夢に管制官になるという夢のきっかけを与えてくれた少年が粋であったことに気付く。

粋にパイロットになるという夢を与えたのも真夢であり、そんなエピソードにSNS上では「エモい!」「夢を叶えて再び巡り合えた2人とか運命」といった声が見られた。

次回最終話は、9月9日に放送。移行訓練のラインOJT中、着陸直前に海外の不慣れなチャーター機が滑走路に誤進入するという予期せぬトラブルが起こり、粋の中に恐怖心が芽生えてしまう。フライトから戻ったら真夢と話をするという約束も果たせぬまま、ただ時間だけが過ぎていき……。なお現在TVerでは、ダイジェスト映像「5分でわかる!これまでの『NICE FLIGHT!』」が配信されている。

PICK UP