趣里、ラブホラーサスペンス『サワコ』で主演!共演に深川麻衣、小関裕太ら

公開:

趣里が主演を務める連続ドラマ『サワコ~それは、果てなき復讐』(BS-TBS、毎週日曜23:00~)が、10月2日(日)より放送される。

井上ハヤオキの人気電子コミック「サワコ」(マンガボックス)のドラマ化。趣里演じる主人公・深井サワコが、元同僚の音川マチカの人間関係に侵食し破壊していく、愛と復讐に彩られたラブホラーサスペンス。恋人を奪ったマチカへの復讐なのか、 それとも……!? 闇に包まれた過去の事件や登場人物たちの複雑な心理、スリリングでゾッとするジェットコースター感あふれる展開が、一瞬たりとも見逃せないストーリーとなっている。

共演は、サワコの元同僚・マチカ役を演じる深川麻衣をはじめ、小関裕太曽田陵介庄司浩平平井亜門と、若手注目俳優が決定した。

原作コミックと同じく、性的なシーンが随所にある本作だが、スタッフとしてインティマシー・コーディネーターの浅田智穂さんを迎え、俳優の安全を守る環境づくりに取り組んでいる。 インティマシー・コーディネーターとは、インティマシー・シーン(俳優がヌードになるシーン、またはヌードの有無に関わらず、疑似性行為や親密な身体的接触のあるシーン)において、俳優の身体的・精神的な安全を守り、監督の演出意図を最大限に実現できるようにサポートするスタッフのこと。日本ではNetflixが先陣をきって導入しているが、テレビドラマでの導入例はまだ多くない。浅田さんは、日本に2 人しかいないインティマシー・コーディネーターの1人。

また本作では、クランクイン前には撮影の中心となるスタッフが「リスペクト・トレーニング」を受講した。「リスペクト・トレーニング」は、Netflixが全世界で行っているトレーニングで、ある行為がハラスメントであるか白黒をつけるものではなく、相手への「リスペクト」がある行為や言動なのかを関係者全員で立ち止まって考えていくもの。パワハラ、セクハラなど、ハラスメントを防止するための取り組みだ。 Netflixからの委託を受けて、同トレーニングを提供している従業員支援プログラム(EAP)の専門企業ピースマインド株式会社が実施した。

<趣里(深井サワコ役)コメント>
とてもチャレンジングな内容のドラマに参加させていただくこと、心から光栄に思っています。 いつか「サワコ」のような、一見理解できないであろうキャラクターを演じてみたいと、ずっと願っていました。人間の欲や、傲、愛や憎しみ、生きていると避けては通れない、目を背けたくなる瞬間がたくさんある作品だと思いますが、エンターテイメントとして楽しんでいただけるドラマを届けられるよう、キャスト、スタッフの皆さんと力を合わせて頑張りたいと思っています。

サワコの苦しみに寄り添い、時には悩むこともあるかと思いますが、いろいろな意味で「熱い夏」になる予感がしております。「サワコ」と全力で向き合い、観ていただいた方の心に残る作品にできるよう、精一杯務めさせていただきたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。

<深川麻衣(音川マチカ役)コメント>
原作のマンガを初めて読んだとき、作者の井上さんが描く独特の世界観にゾクゾクゾワゾワしながら、こ の後どうなってしまうんだろう……と惹きつけられ展開に目が離せませんでした。 復讐劇なのか、ホラーなのか、はたまた純愛なのか、どんなジャンルと言えばいいのか一言では形容できない、なんだかすごいドラマになりそうな予感です。

今回マチカ役として参加できることが今からとても楽しみですし、視聴者の皆さんにも毎週ゾクゾク、ゾワゾワ、ドキドキと楽しんでいただけるドラマになるように、撮影頑張ります!

<ストーリー>
音川マチカ(深川)は将来を約束した恋人・八田雪斗(小関)を亡くす。途方に暮れるマチカの元に現れたのが、雪斗の元恋人の深井サワコ(趣里)。ひょんなことから、マチカと同居することになったサワコ。マチカの家族は、明るくて気がきくサワコを歓迎するが、サワコが時折見せる妖艶さや狂気がまるで毒のようにマチカの家族や周囲へと広がっていく。

サワコの妖艶さに惹かれるマチカの弟・音川健介(曽田)、マチカへ近づく刑事の大津慎司(庄司)、健介の美術学校の同級生・五十嵐ノノ(平井)、マチカを疑う記者の槇原一臣(田邊和也)にもサワコの狂気が静かに忍び寄る。

狂気に満ちたサワコはなぜ、マチカの周囲の人たちを次々と標的にするのか? 恋人・雪斗を奪われた復讐か、それとも別の目的が……!? エスカレートしていくサワコの狂気の裏には、女同士の「復讐心」 「嫉妬心」「支配欲」など、身の毛もよだつスリリングな展開が隠されている……。