松本若菜“密”、桐山漣“斎藤”と急接近!?危機一髪のところで助けられ…

公開:

松本若菜が連続ドラマ初主演を務める『復讐の未亡人』(テレビ東京、毎週木曜26:35~)の最終話が、8月25日に放送される。

本作は、Netflixでオリジナルドラマ化もされた『金魚妻』で話題の人気漫画家・黒澤Rの同名漫画が原作。主人公の鈴木密/美月(松本)が、夫・優吾(平岡祐太)を死に追いやった職場のターゲットたちに素知らぬ顔で近づき、真相を探りながら巧妙な罠を仕掛ける密の復讐劇だ。

前回の第7話で密は、佐伯麻穂(足立梨花)の恋人・前田亜津志(味方良介)から、夫・優吾の自殺について衝撃の事実を聞き「あの日何があったのかを知りたい」と決意を固めた。

<最終話あらすじ>
鈴木密(松本)は、後輩の山下晴菜(小林涼子)に呼び出され、突然「死んで」と階段から突き落とされる。しかしその場にいた同僚の斎藤真言(桐山漣)に危機一髪助けられた。

そんな中、夫・優吾(平岡)の弟・陽史(淵上泰史)は自殺現場に居合わせたという秘書の佐伯麻穂(足立)に接近していた。結婚式が近い麻穂は陽史と禁断の関係に……。

自殺当日の朝、一体何があったのか? 遂に優吾の死の真相が明らかに!

画像ギャラリー

PICK UP