増田貴久“梅屋敷”が涙、人間味あふれる姿に「一緒に号泣した」

増田貴久“梅屋敷”が涙、人間味あふれる姿に「一緒に号泣した」

綾野剛が主演を務める日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第7話が、8月14日に放送。ネット上では、梅屋敷聡太(増田貴久)の人間味あふれる姿に「一緒に号泣した」などの声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

サッカー以外のスキルや経験が何もなくどん底に追い込まれた主人公・新町亮太郎(綾野)が、スポーツマネジメント会社「ビクトリー」の新入社員として一生懸命に新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために奮闘する家族再生の物語。『HERO』シリーズや『海猿』シリーズで知られる福田靖が脚本を担当する。

『パリパラリンピック』の日本代表候補である、車いすテニス選手の吉木修二(福山翔大)が「ビクトリー」にやって来た。吉木は、国際大会で勝つために世界を転戦したいと、スポンサー探しを依頼してきた。すると梅屋敷は、いつになく乗り気に。実際に新町、深沢塔子(芳根京子)と勉強を兼ねて車いすテニスの試合を見に行った後も、興奮冷めやらぬ様子で社長の高柳雅史(反町隆史)にその魅力を熱く語り、マネージメント契約が成立する。

さっそく梅屋敷がプレーをする上での課題を尋ねると、吉木は車いすだと回答。新しい車いすで練習に励む吉木の元に、梅屋敷の姉・近藤百合子(野波麻帆)と姪の桜(池端杏慈)が見学にくる。実は桜は、小学生のときからテニスをやっていたが、中1の秋に脊髄の病気を患い車いすでの生活を余儀なくされていた。以来、塞ぎ込んでいた桜に何かきっかけを与えたいという梅屋敷の思いが、吉木へのサポートに尽力する所以でもあったのだ。

そんな折、吉木のスポンサー探しに苦戦する新町、塔子、梅屋敷の様子に、高柳は「吉木くんがパラアスリートであるという概念を捨てろ」と助言。その言葉を受け、大企業の社長・湊啓一郎(平田広明)からパラスポーツを応援する意義を尋ねられた梅屋敷は、「パラスポーツは特別なものではない」と切り出し、桜のことを引き合いに出しながら「ひとりのアスリートとして応援してほしい。決してボランティアのような気持ちでサポートしないでください」と熱意を伝えたことでスポンサー契約が成立する。

そして、吉木が出場する日本オープン初日、梅屋敷は桜を誘い、新町は娘たちを連れて試合観戦に。「つまらなかったらさ、何でも買ってあげるから」と梅屋敷に言われ観戦に訪れた桜は、試合後に「つまらなかったから、車いす買って」と梅屋敷にお願い。一歩前に進んだ桜を前に梅屋敷は涙を流して喜ぶのだった。

ネット上では、新町らに対してぶっきらぼうな態度が多かった梅屋敷が一変して人間味あふれる姿を見せたことに、「梅ちゃん回。良かった」「一緒に号泣した」「言葉が心に刺さった」といった声が。また、平田や車いすの技術担当で出演した津田健次郎に「イケボ祭り」「声も良くて演技も上手い」といったコメントも寄せられた。

なお、現在TVerでは、「8分で振り返る第1話~第5話前半戦ダイジェスト」が配信中。次回は8月21日に放送。日本バレーボール界のトップ選手・古川舞役で田辺桃子が、舞のチームのアシスタントコーチ・宮野紘也役で大谷亮平がゲスト出演する。

画像ギャラリー

PICK UP