相葉雅紀、過去に訪れたローカルテーマパークのこだわりを知り「今だから行きたい」

相葉雅紀、過去に訪れたローカルテーマパークのこだわりを知り「今だから行きたい」
最新エピソードを無料視聴

8月9日に放送された所ジョージがMCを務める『所JAPAN』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の2時間SPに相葉雅紀が出演。過去に訪れたテーマパークの感想を述べつつ、新たな発見に驚く場面が見られた。

今回は、業界の王者に個性豊かなローカルスポットが戦いを挑む「王者VSローカル」企画の第3弾。「ここだけは負けない!真夏の逆襲スペシャル 王者ユニバーサル・スタジオ・ジャパンVS東のローカルテーマパーク」と題し、各テーマパークの魅力に迫る。

先陣を切ったのは、東京・雷門近くにある老舗テーマパーク「浅草花やしき」。1853年に開園した日本最古のテーマパークだが、「斬新さだけはUSJに負けない」という。飯尾和樹ずん)がレポーターとして花やしきを訪れ、最新のテーマパークにはないアトラクションを紹介する。

なかでもスタジオメンバーの反響が大きかったのが「リトルスター」。星型のかわいらしい見た目とネーミングだが、動き出すとアトラクションが縦回転するという絶叫マシーンで、勢いよく回転する飯尾の姿にスタジオメンバーからは「結構回る!」と驚きの声が上がる。MCの所も「面白いな、これ!」と古いながらも斬新なアトラクションを評価。相葉は実は「小学校の時に1、2回行ったことがある」という。「乗ったんですけど、やっぱり衝撃的でした」と述べ、「ものすごい刺激的で面白かった」と絶賛していた。

また、世界各国の名所を1/25模型で再現した模型が104点も揃う栃木県の「東武ワールドスクウェア」では、園内にある約14万体の人形を作っている2人の職人が登場。ホワイトハウスのバイデン大統領の人形はマスクをつけていたり、ノートルダム寺院のベンチに座るカップルの人形は喧嘩していたりするなど、一つひとつにシチュエーションがあると明かされる。こちらにも幼少期に訪れたことがあるという相葉は「こんなにストーリーがあるの知らなかったから、今だから行きたいですね」と感想を述べた。

次回は8月16日に放送、ゲストに竹内涼真が出演する。

PICK UP