板垣瑞生“湊人”と出口夏希“李里奈”がプールでのキス「青春だな〜」

公開:
板垣瑞生“湊人”と出口夏希“李里奈”がプールでのキス「青春だな〜」

板垣瑞生が主演を務めるZドラマ『ばかやろうのキス』(日本テレビ、毎週土曜14:30~※関東ローカル)の第1話が、8月6日に放送。ネット上では、板垣と出口夏希のプールでのキスシーンに注目が集まった(以下、ネタバレを含みます)。

同ドラマは、板垣、窪塚愛流ゆうたろうが演じる田舎町で暮らす3人の男子が、配信番組『やり直したいファーストキス』をきっかけに心をかき乱されながら、夏の大冒険を繰り広げるというストーリー。

そして、『やり直したいファーストキス』はファーストキスをやり直したい6人の女性が、八木勇征FANTASTICS from EXILE TRIBE)演じる園宮蓮とシェアハウスで共同生活を行いながら、自らを蓮にアピールし、最終的に蓮のハートを射止めファーストキスをやり直すのは誰なのかが描かれる内容で、この2つのドラマがクロスオーバーする展開になっている。

久城湊人(板垣)、入江勇吾(窪塚)、小佐田慶太(ゆうたろう)は中学3年の同級生。いつものように自転車を漕いで海に向かうと、浜辺に見慣れない女子の姿が。それがヒロイン・美山李里奈(出口)との出会いだった。

転校生として湊人たちのクラスメイトとなった李里奈だったが、友人を作ろうとしない。そこで3人は何をするにも李里奈を誘い、いつしか4人で行動するように。そして迎えた夏休み、その日も4人は海で遊んでいた。

先に防波堤から海に飛び込んだ慶太と勇吾に続き、湊人も飛び込もうとするが、ふと李里奈の手が震えていることに気づく。そこで湊人は、震える李里奈の手を握り「大丈夫、俺がいる。何かあったら守ってやっから。なっ?」と落ち着かせ、そのまま一緒に海に飛び込むのだった。その日の帰り道、秘かに李里奈に思いを寄せる勇吾だったが、寄りたいところがあると、湊人に李里奈を家まで送るようにアシスト。2人はさらに心の距離を縮める。

花火大会の日は、プールがあり花火がよく見えるとっておきのスポットへ。そこで4人は制服のままプールに入り、大きな打ち上げ花火を見上げる。湊人が隣にいる李里奈に「来年も次も来ような」と声をかけると、「それまで友だちでいれるかな」とはぐらかす李里奈。湊人は「何言ってるんだよ、ずっとだよ」「ここが李里奈の地元だよ」と言い顔を覗き込むようにキスをする。その様子を、勇吾はそっと見つめていた。

しかしその夜、自宅療養していた湊人の母・久城美沙紀(石田ひかり)の容態が急変。帰らぬ人となる。その日から湊人は塞ぎ込み、学校でもそっけない態度を取るように。李里奈に声をかけられても「あんなことしなきゃよかった」「勇吾がお前のこと好きなんだって、勇吾と付き合ったら」と思ってもいない言葉で李里奈を傷つけてしまい……。

ネット上では、板垣と出口のプールでのキスシーンに注目が集まり、「エモい」「青春だな〜」「まぶしい」などのコメントが寄せられた。

次回第2話は8月13日に放送。恋愛リアリティーショーに出演する李里奈と3年ぶりに再会する。