片桐仁演じる葬儀場の男が朱梨の両親を殺した犯人!?衝撃展開に「ゾクゾク」

片桐仁演じる葬儀場の男が朱梨の両親を殺した犯人!?衝撃展開に「ゾクゾク」

飯豊まりえが主演、浅香航大がバディとして出演するプラチナイト木曜ドラマ『オクトー 〜感情捜査官 心野朱梨〜』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第5話が、8月4日に放送。ラストに衝撃の展開が描かれ、SNS上では「急展開」「面白くなってきた」「ゾクゾク」といった声があがっていた。

「感情の“色”は、嘘をつかない」。愛、悲しみ、怒り、嫌悪などすべての事件には動機となる感情がある。取調室において、そうした感情を見ることで真犯人を見つけ出す心野朱梨(飯豊)。彼女には、人の感情が“色”で見える特殊な力がある。人の“感情の色”が見える変わり者の女性刑事・朱梨が感情見え見えのエリート崩れ男性刑事・風早涼(浅香)とバディを組んで、目に見えない感情から凶悪事件の真相に迫る新感覚の刑事サスペンス。

第5話で朱梨は、望月病院の院長・暁子(千葉雅子)の葬儀に参列。朱梨にとって暁子は、15年前の事件のショックで入院していた頃に温かくサポートしてくれた恩人だった。朱梨が棺の中の暁子に別れを告げて去ろうとしたその時、「動くな!」という声が上がる。暁子の秘書・潮田昴(浅利陽介)が、暁子の夫・経二郎(佐戸井けん太)にカッターナイフを突き付けて――。

朱梨は、事件現場で葬儀場スタッフの小野寺大伍(片桐仁)と偶然出会う。事件が解決し、朱梨は元警察官という小野寺と挨拶を交わし、握手をして彼の目を見る……と、その瞬間、耳鳴りと動悸に耐えられず、その場から逃げ出してしまう。

「小野寺さんの目……、見おぼえがあるんです! 15年前、私の両親を殺した犯人です!!」。

15年前の事件の犯人は、本当に小野寺なのか? 

小野寺をずっと探していた雲川幸平(山中崇)と、事件の報道を意味深な表情で見つめる平安衛(船越英一郎)……。雲川が突き止めた、小野寺と平安の接触の意味とは?

朱梨と姉・紫織(松井玲奈)の運命を変えた15年前の事件。その真相が動き出す――!

次回の放送は、8月11日。朱梨と風早は、人気華道家・円山(尾上寛之)の取調べを行うことに。円山は交通事故を起こし、駆け付けた警察官が彼の車のトランクから大量の血痕と血の付いたナタ、スコップを発見。状況的には、円山が誰かを殺して遺体を埋めた可能性が高かったが、彼は記憶を失っていて……。

PICK UP