佐藤勝利“翔太朗”、福本莉子“アリサ”へ伝えた言葉に「かっこよすぎる」の声

佐藤勝利“翔太朗”、福本莉子“アリサ”へ伝えた言葉に「かっこよすぎる」の声
最新エピソードを無料視聴

Sexy Zone佐藤勝利が主演を務めるドラマプレミア23『赤いナースコール』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~)の第4話が、8月1日に放送。春野翔太朗(佐藤)の「俺が守るから」という言葉に、視聴者も「守られた~い!」とSNS上で反応した(以下ネタバレが含まれます)。

本作は、秋元康が企画・原作を務める病院を舞台にした史上最恐ミステリー&ノンストップラブサスペンス。個性豊かで奇妙な入院患者たち、何か含みのある医者や看護師たち、一見すると普通なのに拭いきれない違和感を纏った病棟、並行して病院の外で起きている連続殺人の謎など、様々な人間ドラマと狂気が描かれる。

自身の顔に傷がないことを確認してしまった三森アリサ(福本莉子)。執刀医の石原祐二(板尾創路)にどういうことかと詰め寄ると、「病院長(榎木田誠/鹿賀丈史)に言われたからだ」と言われる。

一方、春野翔太朗(佐藤)らの病室から松井時雄(木村了)の姿が消える。購買部に勤務していた女性の殺害事件に関与していると疑われたからか、退院してしまったのだ。その行方を追って刑事が松井の自宅を訪ねるのだが、洗濯機から手首が見つかり、松井は右肘から下が切り取られた状態でベランダの物干し竿に干され、殺されていた。

そんなある日、翔太朗がエレベーターに乗っていると、認知症で入院している老婆に急に「人殺し!」と掴みかかられる。なんとか振り切って逃げるのだが、掴まれた際、何かメモのようなものを手渡されていた。それを確認すると、「今夜、午前0時 1号棟の自販機前で アリサ」とメッセージが書かれており、アリサとやっとコンタクトをとることができた翔太朗は喜ぶ。

そしてその夜、ついに再会できた2人。その喜びを分かち合い、さらに病院から一緒に逃げようと話していると、どこからともなく足音が聞こえてくる。そして、その足音の人物の影が浮かんだと思ったら、その手には電動ノコギリらしきものが握られていたのだった。

病院内を逃げる2人。隠れた部屋で翔太朗が言った「俺が守るから」という言葉に、SNS上では「私も守られた~い!」「頼もしい」「かっこよすぎる」「2人で逃げ切ってほしい……!」といった声が見られた。

次回、第5話は8月8日に放送。院長の榎木田誠(鹿賀丈史)が記者会見を開くが、奇妙なトラブルに襲われ……。

PICK UP