『六本木クラス』7月期連続ドラマ初回見逃し配信再生数が274万回で全局トップ!

公開: 更新:

竹内涼真主演の木曜ドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の7月期連続ドラマ初回の無料見逃し配信再生回数が、274万回(ビデオリサーチ調べ)で全局トップ、そして、テレビ朝日歴代最高となった。

絶望の淵に立たされた青年が復讐を誓って、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間と共に立ち向かっていく姿を、下剋上を主軸にラブストーリー、そして青春群像劇を交錯させながら描いた韓国ドラマ『梨泰院クラス』を、日韓共同プロジェクトのもとテレビ朝日がリメイク。竹内を主演に迎え、東京・六本木を舞台に日本初のドラマ化に挑む。

放送開始前から大きな話題となる中、7月7日に待望の初回放送がスタートし、無料見逃し配信の初回の再生回数がテレビ朝日歴代最高となる274.4万回(ビデオリサーチ調べ)を記録した。これは、7月期の全局の連続ドラマの初回再生回数で、トップ。さらに、初回から3話連続で200万回再生を突破している。

8月4日(木)放送の第5話は、ついに宮部新(竹内)と長屋茂(香川照之)が直接対決! そして、4話で豪快ディフェンスが話題となった気になる新と楠木優香(新木優子)、麻宮葵(平手友梨奈)の恋の行方は……?

<第5話あらすじ>
酔っぱらった楠木優香(新木)は宮部新(竹内)にキスをしようとするが、それを麻宮葵(平手)が阻止。酔いが醒めたという優香だったが、新が「二代目みやべ」の皆と飲み会をすると聞き、強引に参加する。その飲み会の席で、新は「二代目みやべ」をフランチャイズ化して全国展開するつもりであることを皆に伝える。

「二代目みやべ」の皆がやる気を出し盛り上がる一方で、優香はひとり冷めた目で見ていて……。後日、長屋茂(香川)に「二代目みやべ」の状況を聞かれた優香は、繁盛している状況やその要因、そして全国展開を目標に掲げていることを伝えると、茂から「二代目みやべ」を注視するよう命ぜられる。

そんな中、葵の頑張りで「二代目みやべ」が料理対決番組へ出演できることになり、喜ぶ新は偶然会った優香にそのことを伝える。そして迎えた番組打ち合わせの日、新が番組プロデューサーと話していると、なんとそこへ長屋龍河(早乙女太一)がやってくる。対戦相手が長屋だというのだ。龍河はまたしても新を挑発し、その上プロデューサーの前でわざと新に前科があることを口に出す。さらに、龍河は優香と結婚するつもりだと言い、優香が中卒の前科者をもう相手にしたくないと言っていると伝えてきて……。