飯沼愛と眞島秀和演じる親子、不慮の事故で人格が入れ替わる!

公開:

TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』で初代グランプリに選ばれた飯沼愛が主演を務め、長尾謙杜なにわ男子)と眞島秀和が出演するドラマ『パパとムスメの7日間』(TBS、毎週火曜24:58~※関東ローカル)が、7月26日からスタートする。

TBSでこの春からスタートした深夜ドラマ枠「ドラマストリーム」の第3弾。イマドキの女子高生・川原小梅(飯沼)が冴えないサラリーマンのパパ・恭一郎(眞島)と事故に巻き込まれ、お互いの人格が入れ替わってしまうことからスタート。入れ替わったパパとムスメが元に戻れる日を信じて奮闘する従来のストーリーに加えて、意中の大杉健太先輩(長尾)と結ばれたい小梅と、健太先輩にムスメを奪われたくない恭一郎、そして小梅より恭一郎の性格に惹かれているかもしれない健太先輩という、“パパとムスメとカレ”の奇妙な三角関係ラブコメディ。

<第1話あらすじ>
青嵐高等学校に通う17歳の川原小梅(飯沼)は、サッカー部の先輩の大杉健太(長尾)に絶賛片思い中。受験の日、小梅が落とした受験票を拾って届けてくれたのがキッカケだった。その後、サッカー部のマネージャーで親友の中山律子(小栗有以AKB48)から何かとアシストしてもらっているにも拘わらず、健太先輩との距離は遠いまま。

大杉健太(長尾謙杜)、川原小梅(飯沼愛)
大杉健太(長尾謙杜)、川原小梅(飯沼愛)

川原家はムスメの小梅、パパ・川原恭一郎、ママ・川原理恵子(羽田美智子)の3人家族。ここ数年、恭一郎が小梅に話しかけても避けられてしまい父娘関係はギクシャク。疎まれていると感じながらも父親としての沽券(こけん)を守りたい恭一郎は、小梅が小声で放つ自分への苛立ちを聞こえないふりでやり過ごす日々を送っていた。

川原恭一郎(眞島秀和)、川原小梅(飯沼愛)
川原恭一郎(眞島秀和)、川原小梅(飯沼愛)

そんなある日、たまたま帰り道で一緒になった小梅と恭一郎。ちょうどその時、不慮の事故に遭遇し2人は救急車で病院へ。そして小梅と恭一郎が目を覚ますと、なんと2人の人格が入れ替わっていた! 状況が飲み込めず、パニック状態の小梅。一方、事故のことを知った健太は学校を飛び出していって……!?

画像ギャラリー