佐藤勝利“翔太朗”、刑事に疑われ事情聴取!残酷シーンにショックの声も

公開: 更新:
佐藤勝利“翔太朗”、刑事に疑われ事情聴取!残酷シーンにショックの声も

Sexy Zoneの佐藤勝利が主演を務めるドラマプレミア23『赤いナースコール』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~)の第2話が、7月18日に放送。ショッキングで残酷的なシーンに、SNS上では「怖すぎる」といった感想が寄せられた(以下ネタバレが含まれます)。

本作は、秋元康が企画・原作を務める病院を舞台にした史上最恐ミステリー&ノンストップラブサスペンス。個性豊かで奇妙な入院患者たち、何か含みのある医者や看護師たち、一見すると普通なのに拭いきれない違和感を纏った病棟、並行して病院の外で起きている連続殺人の謎など、様々な人間ドラマと狂気が描かれる。

春野翔太朗(佐藤)のベッドの下から、下半身が切断された滝中竜一(橋本淳)の遺体が発見された。その手には何故か翔太朗のスマホが握られており、刑事の工藤文世(池田鉄洋)に疑われて事情聴取を受けることに。その最中、滝中の下半身が見つかったとの連絡が入って来る。

見つかったのは、なんと病院の厨房。大きな鍋に入れられ、煮込まれた状態だったという。現場検証のため、翔太朗らの病室は閉鎖。しかし、他の病室が空いておらず、同室の患者たちは現場検証が終われば死体のあった部屋に戻されることに……。

一方その頃、事故のせいで顔の右半分にけがを負っているため、翔太朗には会いたくないと言っていた恋人・三森アリサ(福本莉子)も病院の異変を感じていた。病院内に警察がいることや、翔太朗が事情聴取を受けたことを聞き「彼と電話で話したい」と看護師に相談。後日、医者の石原祐二(板尾創路)の許可がおり、互いの声を聞いて安心する2人だったが、翔太朗から「顔を見たい」と懇願されたアリサは躊躇する。その様子を横で見ていた石原は、アリサが持っている電話に手を伸ばし、静かに通話を切った。

その夜、後藤田健斗(森田甘路)、下塚半太(大水洋介)と休憩所で話をしていた翔太朗。それを看護師の山根ミク(ベッキー)に注意され、病室に戻されてしまう。

途中、下塚が「お手洗いに行く」と言うので、他の2人は先に病室へ。薬を飲む時間になっても下塚が病室に戻ってこないので、山根がトイレへ探しに向かうと、そこで首のない下塚の死体を発見し……。

惨殺された遺体の様子に反響が集まった今回。SNS上では「鍋から足の指が出てるの怖すぎる」「調理過程が見えないご飯食べるのが怖くなった」という声が。さらに、2人目の遺体がトイレで見つかったことから「トイレ行けない!」といった感想も見られた。

次回、第3話は7月25日に放送。同室の患者たちが何故ナースコールを押すのを止めたのか、理由が明らかとなる。