波瑠“小梅”と間宮祥太朗“玄之介”の新バディに「息がピッタリ」

公開: 更新:
波瑠“小梅”と間宮祥太朗“玄之介”の新バディに「息がピッタリ」

波瑠が主演を務め、間宮祥太朗と共演するドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)第1話が、7月18日に放送。ネット上では、真行寺小梅(波瑠)と福山玄之介(間宮)のバディに「息がピッタリ」「期待以上に面白かった」といった反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、大手リフォーム会社で営業成績抜群のエースの立場にありながら、ワケあって男だらけの福山家が営む「まるふく工務店」に転職してきた主人公・小梅と、まるふく工務店の長男で、営業成績0点のバツ2シングルファーザー・玄之介がバディを組み、住宅リノベ提案という“魔法”で、依頼人すら気づいていない悩みや問題をスカッと解決していく“人生再生!リノベーションお仕事ドラマ”。

「グローバルステラDホーム」の営業エースとして活躍していた小梅が、福山家が営む「まるふく工務店」に転職してきた。まずは営業成績ゼロの玄之介のお手並み拝見と、バディを組み、築60年の一軒家に住む西崎万智(中山美穂)・和則(寺脇康文)夫妻のリノベーションの見積もりに伺うことに。

小梅は玄之介の営業を見守るが、和則の調子に合わせるばかりで洞察力がまるでないとダメ出し。一方の玄之介は細やかなところまで目を配り、客の意図をくみ取る小梅の能力の高さや、その夜行われた歓迎会にも卒なく対応する様子にカルチャーショックを受ける。

その後も西崎家に訪問する2人だったが、地雷を踏みまくる玄之介は、万智の意向には踏み込まず、和則の意向を重視した提案をしてしまう。その結果、相見積もりをしていた「グローバルステラDホーム」の小梅の元後輩・久保寺彰(金子大地)と全面リフォームの方向で話が進んでいく。

休日、趣味の登山帰りに小梅が会社に立ち寄ると、雑誌の編集長を務める万智が携わった24年分のバックナンバーを読み漁る玄之介の姿が。商談中、万智が笑っていなかったことが気になっていたという玄之介は、万智が手がけた編集後記を読みあさり、「古くてもいいものを大切にされる方だったんです」という気づきを得ていた。それを聞いた小梅は登記簿謄本を調べ、西崎家が万智の両親が建てた物件であったことを突き止める。それが夫婦の温度差と万智のわだかまりの原因だったのだ。そして、万智と和則それぞれの気持ちを満足させるリノベーションを提案するため、小久保とショールームを回る西崎夫婦に突撃し、新たなプランを見てもらいたいとお願いするのだった。

ネット上では、テンポの良い小梅と玄之介のやり取りやストーリー展開に「息がピッタリ」「期待以上に面白かった」といったコメントが。他にも、個性豊かな出演者や中山、寺脇のゲスト出演に「キャストが素敵」「豪華俳優陣」といった反響も上がった。

次回第2話は7月25日に放送。寝室のリノベーションを考えている河内千聖(水野美紀)・享明(野間口徹)夫妻の見積もりをする。