ジェラードン、若手時代にネプチューンのネタを丸パクリ!ホリケンはなぜか大喜び

ジェラードン、若手時代にネプチューンのネタを丸パクリ!ホリケンはなぜか大喜び
最新エピソードを無料視聴

ネプチューン堀内健の冠番組『ホリケンのみんなともだち』(テレビ朝日系、毎週火曜25:56〜)が6月28日に放送。ジェラードンアタック西本かみちぃ ※海野裕二は休養中)が登場し、若手時代のあるエピソードを明かした。

堀内が、多くの人とふれあってともだちの輪を広げていく、ハートフルな唯一無二のバラエティである本番組。今回は、「気になる人に根ホリ葉ホリ」のコーナーに、ジェラードンを迎えてトークを行った。

堀内から、ジェラードンの名前の由来について話を聞かれた2人。もともと休養中の海野と西本が高校の同級生で、お互いの好きなサッカー選手「ジェラード」と、当時流行っていたポケモンのキャラクター「リザードン」を組み合わせたのが由来だという。そこにかみちぃが養成所時代から2年ほど加入を熱望していたが、西本は拒否。その状況を「似てるね、ネプチューンと」と語る堀内。もともと原田泰造とのコンビだった堀内は、名倉潤の加入を拒否していたが、原田が推し進めて3人に。堀内もジェラードンの2人も、結果的にトリオになってよかったと話した。

しかし、実は西本がかみちぃの加入を断っていたころ、ジェラードンが海野と西本の同級生をメンバーに加えてトリオになっていたことがあった。そのトリオはライブで大ウケしており、 それを見たかみちぃは“仕方ない”と諦めたという。

そんなある日、西本がかみちぃにネプチューンの単独ライブのビデオを貸してくれ、そのビデオを見たかみちぃは驚く。「そのとき、(同級生と)3人でやっていたヤツ、ネプチューンさんの(ネタを)丸々やっていたんです。パクってライブでやってたんです」と衝撃の事実を明かした。すると堀内はなぜか怒ることなく感動。西本は「ネプチューンさん大好きで……」と、当時、大好きだったネタで笑いをとった快感でパクっているという事実を忘れ、かみちぃにビデオを貸してしまったと振り返った。そんなエピソードに大喜びした堀内は、そのネタをネプチューンとジェラードンで共有しようと提案。2人を驚かせていた。

次回は7月6日、ジェラードンとのトーク後編が放送される。

PICK UP