土屋太鳳“佐都”、深山家の存続に関わる重大な問題を聞き…

深山佐都(土屋太鳳)
深山佐都(土屋太鳳)

土屋太鳳が主演を務め、松下洸平と共演する木曜劇場『やんごとなき一族』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の最終話(第11話)が、6月30日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

原作は、「Kiss」(講談社)で連載中のこやまゆかりによる同名コミック。庶民の家庭から上流社会の一族に嫁ぐことになった土屋演じる主人公・深山佐都が、理不尽な一族のしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻弄されながらも、松下演じる夫・深山健太とともに真正面から立ち向かい奮闘するアフター・シンデレラ・ストーリー。

先週放送された第10話では、健太が記憶喪失になったことを利用して深山圭一(石橋凌)が、深山家の跡取りにさせるべく画策する。そんな健太に佐都は別れを告げ、深山家を出ていくことに。「これでようやく目障りなヤツが消えたな」と喜ぶ圭一に、これまで我慢を重ねてきた深山久美(木村多江)が怒りを爆発させるシーンが話題に。ネット上では、「お義母さんがついにブチ切れた」「よく言った!」「ガチギレだ」「このシーン泣く」などの反響があった。

<最終話あらすじ>
深山佐都(土屋)は娘の凛を連れて深山家から出て行く。夫の深山健太(松下)が、佐都と出会ってからの記憶を失くしてしまい、別人のようになってしまったからだ。深山圭一(石橋)はこれで自分の思惑通りになったとほくそ笑むが、女性を見下す彼の態度に、とうとう深山久美(木村)の堪忍袋の緒が切れる。一方、万野誠(石黒賢)と手を組んだ長男の深山明人(尾上松也)は、健太が記憶を失ってもなお、圭一が自分ではなく彼を跡取りにしようとしていることを知り、深山家そのものを潰してしまおうとしていた。

深山佐都(土屋太鳳)
深山佐都(土屋太鳳)

その後、佐都が実家の「まんぷく屋」で母・篠原良恵(石野真子)を手伝っていると久美が訪ねてくる。今まで辛い思いをさせたと謝る久美に、佐都は気丈に振る舞う。久美と入れ替わるように深山美保子(松本若菜)もやってきて、圭一に罵られた時に気持ちを抑えられなくなった自分を佐都が止めてくれたことに感謝する。そして、美保子は深山家の存続に関わる重大な問題を佐都に伝える。

深山佐都(土屋太鳳)、深山美保子(松本若菜)
深山佐都(土屋太鳳)、深山美保子(松本若菜)

健太は出て行った佐都が気になり、久美や妹の深山有沙(馬場ふみか)、弟の深山大介(渡邊圭祐)、使用人にまで自分たち夫婦のことを聞いて回る。誰も佐都を悪く言う者はなく、彼女と出会ったことで自分が変わったことを知った健太は「まんぷく屋」へ。応対した良恵に、自分がどんな人間だったか佐都から聞きたいとお願いする。

その裏で、明人の計画が実行に移される。深山グループに経営破綻の危機が訪れて……。

画像ギャラリー

PICK UP