ヒルコ様の「食餌」とは…『サマータイムレンダ』12話

ヒルコ様の「食餌」とは…『サマータイムレンダ』12話

TVアニメ『サマータイムレンダ』(カンテレ、毎週木曜26:55~ほかTOKYO MX、BS11)の第12話が6月30日に放送される。

同アニメの原作は、「少年ジャンプ+」で連載され、累計閲覧数1億3000万回を記録する「サマータイムレンダ」(原作:田中靖規 / 集英社ジャンプコミックス刊)。主人公の網代慎平(CV:花江夏樹)が、幼馴染・小舟潮(CV:永瀬アンナ)の訃報を聞き、2年ぶりに故郷である和歌山市・日都ヶ島に帰省するところから始まるSFサスペンス。その島には、「自分にそっくりな“影”を見た者は死ぬ。影に殺されるー!」という不吉な噂があり……。

前回の第11話で、洞窟を探索中「影」に襲われた慎平・潮・菱形窓(CV:小野賢章)の三人。なんとか窮地を乗り越えた慎平たちの前に、窓の妹・朱鷺子(CV:河瀬茉希)が現れ――。

放送後、SNS上では、朱鷺子の登場シーンについて「こんな表情するんだ」「怖い」と話題に。また、「菱形家の闇が深そう」「良い緊張感」「今週も抜群に面白い」といったコメントがあがっていた。

なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では第11話が無料配信中。※6月30日(木)23:59まで

<第12話「血の夜」あらすじ>
これまで、「食餌」と称しヒルコ様に死んだ人を与えてきたと語る窓の妹・朱鷺子。

ヒルコ様とは、日都ヶ島神社に現れた「大きな影」が「オカアサン」と呼んだ着物の少女・ハイネ(CV:久野美咲)のことだった。

朱鷺子は「影」を操り、慎平たちの計画を阻もうとする。

そんな中、前に夏祭りで見た「大きな影」が現れ、潮の妹・澪(CV:白砂沙帆)を人質にとる。「大きな影」は慎平を生かしながら夏祭りの日を迎えることを目論んでいた。

※放送時間は変更となる場合がございます。最新の情報は各局の番組表にてご確認をお願いいたします。

PICK UP