今田美桜“麻理鈴”、働く男女の悩みを解決するポジティブプレゼンに「熱かった」

今田美桜“麻理鈴”、働く男女の悩みを解決するポジティブプレゼンに「熱かった」

今田美桜が主演を務める水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の最終話が、6月15日に放送。ネット上では、田中麻理鈴(今田)のプレゼンに胸を熱くする人が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

深見じゅん原作の大人気コミックが、30年の時を経て再びドラマ化。主人公の麻理鈴が、毎話部署を転々とする中、出会う社員の問題を解決していく。​​

「女性の管理職五割計画」(通称:JK5)​​の方針を巡って、峰岸雪(江口のりこ)​​と対立した麻理鈴​​​​は、分室を作ることに。彼女は自らの力で、男性社員の間で孤立していた笹沼エミリ(ソニン)や、育児に関して考え方が合わず夫と喧嘩中の間宮マミコ(桜井ユキ)​​の問題を解決していく。

エレベーターで峰岸とバッタリ会った麻理鈴​​は、独り言として“女性側の問題を解決しようとすると、男性側の問題も出てくる”とこぼす。それは氷山の一角で社会の問題だと峰岸。​​「氷山なら見えない部分を掘り起こすのが先では? 独り言ですけどね」とアドバイスをもらった。

その後、麻理鈴​​は、梨田友子(石橋静河)や川端光(近藤春菜)​​の力を借りて、WEB上で匿名の悩み相談ができる雑談ルームをつくった。そこには社員たちの小さな悩みから大きな悩みまで、たくさん集まった。

そんな中、JK5について週刊誌にあることないこと書かれ、峰岸の立場が危うくなる。説明会で辞意を表明するかもしれないと聞き、麻理鈴は急いで会場に向かう!

壇上に上がった麻理鈴​​は​​、雑談ルームを通じて、社員には、ロールモデルがいないことが最大の悩みだったと説明。しかし、峰岸は女性管理職のロールモデルとしてはハイスペックすぎる……。麻理鈴は、手始めに、峰岸の“完璧ではないところ”を写真で紹介しつつ、笑いをとっていった。

「意外とハードルの低いこの方。私、田中が心から目指す最高のロールモデル・峰岸雪​​さんです」

麻理鈴は、峰岸に辞めるのではなく、世界一幸せな社長になってほしいと懇願。「“女が出世するってこんなに楽しいんだぞ”ってみんなに見せつけてください!」と訴えた。そこで峰岸は「誰が辞めるって言った?」とバッサリ。女性だけではなく、オウミで働く人全員が生きやすくなる改革が必要だと話していく。

ネット上では、男性も女性も救われる麻理鈴と峰岸の訴えに「続編期待」「プレゼン熱かった」「元気もらった」​​とのコメントがあった。

なお、麻理鈴​​に密かに思いを寄せる小野忠(鈴木伸之)​​と山瀬修(高橋文哉)のバチバチなやりとりが楽しめるオリジナルドラマ『悪男(わる)~恋する男がカッコ悪いなんて誰が言った?~』第10.5話が民放公式テレビ配信サービス「TVer」で配信中。

以前、小野は麻理鈴​​宅にて、天井からの水漏れから守るべく、彼女の頭上に手を差し伸べたあと、その勢いで頭を“ポン”としたことがあった。あのとき、告白していれば何か変わったのか……? タイムスリップして、改めて告白しようと試みる。果たして、麻理鈴​​の反応は?

PICK UP