箭内夢菜“萌”と高野洸“楓”のキスシーンに反響「ドキドキした」

公開:
箭内夢菜“萌”と高野洸“楓”のキスシーンに反響「ドキドキした」

吉川愛横田真悠齊藤なぎさ=LOVE)、箭内夢菜宇垣美里らが出演するドラマイズム『明日、私は誰かのカノジョ』(MBS毎週火曜24:59~/TBS毎週火曜25:28~)の第10話が、6月14日に放送。ネット上では、真矢萌(箭内)とホストの楓(高野洸)のキスシーンに反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、マンガアプリ「サイコミ」で連載中の、をのひなおによる同名マンガが原作。様々な思いを持つ5人の女性たちがレンタル彼女編、パパ活編、整形編、ホスト編の各章で主人公となり物語が進む。

楓がいるホストクラブへ通うため、萌は風俗で働きお金を稼ぐように。ある日、高橋優愛(齊藤)と待ち合わせしていたときに通話の内容を聞かれた萌は、風俗で働き出したことを打ち明ける。すると、優愛も同じ仕事をしていると聞かされ、2人は急激に仲を深める。その後、ホストクラブへ行った2人は、ハルヒ(藤原樹)と楓と4人でアフターを共にすることに。ボウリングをして楽しい時間を過ごす。

その帰り、萌と楓は以前、2人で来たことのある神社へ。楓が「いつも本当にありがとう」と感謝を伝え、「前に俺のこと好きって言ってくれたよね? 今も同じ気持ちでいてくれる?」と質問。萌が「もちろん」と返答すると、楓は萌にキス。そして萌を抱きしめ、耳元で「萌ちゃん、誕生日いつ?」と尋ねると「来月の15日」と萌。楓は「じゃあ、お祝いさせて」と、さらにおでこにもキスをした。

萌は、逆に楓の誕生日を質問。「来月の9日。一緒の月だね」と答える楓に、「私もお祝いするから。絶対するから」と伝える。そして萌は、楓の誕生日という新たな目標に向けて、さらに風俗の仕事を増やし、大学も辞めてしまう。

ネット上では、楓と萌のキスシーンに反響が。「ドキドキした」「ときめく」「楓のフェイスラインが美しい」「綺麗なキスシーン」などのコメントが寄せられた。

次回第11話は6月21日に放送。萌は楓の誕生日を祝うために目標の額を稼ぐことができ、満足するが……。

PICK UP