山本舞香“素子”の出生の秘密が明らかに!? 親子の絆に「泣けた」の声

公開: 更新:
山本舞香“素子”の出生の秘密が明らかに!? 親子の絆に「泣けた」の声

松岡昌宏が主演を務める『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~)の最終話(第8話)が、6月10日に放送。山本舞香演じる本仮屋素子の出生の秘密が明らかとなり、SNS上に「絆に泣けた」というコメントが寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく、松岡主演の痛快“覗き見”ヒューマンドラマの第5シリーズ。

仕事の後、急に黒いバンから降りて来た覆面の男たちに襲われた三田園薫(松岡)と本仮屋素子(山本)。眠らされて連れて来られた先は、宴会場のような場所。そこには素子の父・靖男(飯田基祐)と母・佐和子(片岡京子)、そして靖男が勤める会社「ゴラク堂エンタープライズ」の専務・山本克己(小須田康人)や社長の川嶋明夫(小浦一優)らが同じように家族とともに閉じ込められていた。

そして、ブザーの音と共にステージの緞帳が上がると、そこには黒い喪服のような服を着用している白髪の女性が。その人物は「ゴラク堂エンタープライズ」の創業者にして最高責任者の堀之内花子(萬田久子)で、ここに集めたメンバーを自分の後継者を決めるためのゲーム「GORAKUDOU ENTERPRISE SURVIVAL OFFICIAL GAME」(通称:GESOゲーム)に招待したと話す。

そこになぜ三田園も連れて来られたのかというと、素子に「姐さん」と呼ばれていたことから、“姉”と勘違いされたため。その後、靖男のミスを持ち前の知識でカバーしてみせた三田園は花子に気に入られ、ゲームが終わるまで花子の家政夫を務めることになる。

三田園のおかげ(?)もあって、順調に1ゲーム目を勝ち残ることができた本仮屋家。次のゲームまでの休憩時間に、三田園は素子が靖男と佐和子の本当の子供ではないことを聞かされる。その後、素子が花子と2人きりになった際、「あなたと私は似ている」という意味深なことを言われ……。

その後のゲームでは、素子の家政婦としての知恵が生き、ゲームを勝利。素子の両親は「なんて良い子に恵まれたのかしら!」と大喜びするのだが、残りの1組になってもゲームは続くのだった。

最後のゲームは「おままごと」。最初は親子3人での団らんの様子を演じていたのだが、そこに三田園や花子も加わり、普通のおままごとではなくなってしまう。さらに、花子が「素子さんをちょうだい」と言ったことで、本仮屋家に衝撃が走る……。

最終話でもドンデン返しの連続に、SNS上では「本仮屋家の絆に泣けた」「今期一面白いドラマだった!」「ミタゾノさんにまた会いたい」といった声があがっていた。