磯村勇斗“颯”がひざまずいてプロポーズ!?「ドキッとした」と驚きの声

磯村勇斗“颯”がひざまずいてプロポーズ!?「ドキッとした」と驚きの声

上野樹里が主演を務める火曜ドラマ『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第8話が、6月7日に放送。不破颯(磯村勇斗)が沢田杏花(上野)にあわやプロポーズ!? というシーンに、SNS上で「ドキッとした」などと反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、上野演じるヨガインストラクターの杏花が、松重豊演じる妻に先立たれた父・林太郎と共に、父娘2人で婚活にチャレンジする物語。突如始まった“ダブル婚活”をきっかけに、「誰かと共に生きること」を一生懸命に考える娘と、「第2の人生」へと向かう父の奮闘を描く、オリジナルラブストーリー。

東村晴太(田中圭)の元妻・高見沢安奈(瀧内公美)の助言もあり、独立し起業することを決めた杏花。それをカレー屋で晴太に話し、杏花は仕事ファースト、晴太は息子の虹朗(鈴木楽)ファースト、お互いを「2番目」にすると改めて取り決める。

高見沢安奈(瀧内公美)、沢田杏花(上野樹里)、東村晴太(田中圭)
高見沢安奈(瀧内公美)、沢田杏花(上野樹里)、東村晴太(田中圭)

その夜、晴太は安奈から「虹朗を混乱させないで」と言われた。杏花と結婚を前提としない付き合いをしているのに、虹朗と会わせているのが安奈にとっては不安なのだ。さらに、安奈は大阪での大きなプロジェクトに参加しないかと会社から打診されているのだが、週2日で息子を預かっている現状を思い、大阪に行くことをためらっているのだった。

一方、フランスに行っていた颯が帰国し、杏花の家へもその報告にやって来る。しかし、自分がいない間、家の中は散らかり放題になっており目を丸くする。そして、「何かあったらすぐに駆け付ける。杏花ちゃんが“一番”だから」と言いひざまずくと、杏花の左手薬指にスマホリングをはめる。颯は杏花がよくスマホを無くすことからスマホリングをお土産としてプレゼントしたのだ。杏花は驚きながらも「キラキラ~」とおどけてみせた。

そんな中、虹朗が熱を出してしまい、晴太のもとに預けているスクールから迎えに来て欲しいとの連絡が。しかし、晴太は仕事で都内におらず、安奈にも電話が繋がらない。ダメもとで杏花に電話し、杏花は「迎えに行けますよ!」と応じるのだが、そんな杏花も独立後の活動について企業と打ち合わせ中で……。

沢田杏花(上野樹里)
沢田杏花(上野樹里)

SNS上では、颯の“プロポーズシーン”に「ドキッとした」「颯の好感度が上がった」「渡し方反則」「微笑ましい」といった声が見られた。

次回、第10話は6月14日に放送。杏花は晴太に「結婚を前提にお付き合いをしたい」と告白したが……。

なお現在TVerでは、第1話から第7話までのダイジェスト動画を配信中。

PICK UP