二宮和也“温人”、玉木宏​​“葛城”に協力の胸アツ展開に「鳥肌もの」

公開: 更新:

二宮和也が主演を務める日曜劇場『マイファミリー』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第9話が、6月5日に放送。ネット上では、鳴沢温人(二宮)とある人物が手を組む展開に「鳥肌もの」との反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

ゲーム会社の社長・温人は、妻・未知留(多部未華子)と小学生の娘・友果(大島美優)を持つ父親。一見幸せそうな鳴沢一家だが、娘を誘拐されるという人生最悪の事態に見舞われ、家族の絆が試されることになるノンストップファミリーエンターテインメント。友果は無事に戻ってきたものの、1年後に温人らはまたしても悲運に見舞われる。

温人は犯人隠避、身代金目的誘拐ほう助の容疑で逮捕され、留置場に入れられてしまった。一方、主犯格と疑われている東堂樹生(濱田岳)​​は逃亡し、行方が分からなくなっていた。

日下部七彦(迫田孝也)
日下部七彦(迫田孝也)

神奈川県警捜査一課の日下部七彦(迫田孝也)は、阿久津実咲(凛美)と東堂心春(野澤しおり​​)の事件に関連はなく、心春の誘拐は、東堂の妻・亜希(珠城りょう​​)による狂言誘拐、実咲の誘拐は温人と東堂の共犯だと訴える。一方、部下の葛城圭史(玉木宏)は、それぞれの供述や証拠をもとに、事件の真相に迫ろうとしていた。

東堂幹生(濱田岳)
東堂幹生(濱田岳)

三輪碧(賀来賢人)の働きかけによって、温人の釈放が決まった。釈放前夜、葛城は温人のもとへ。現在逃亡している東堂が捕まれば、今回の誘拐事件は東堂と鈴間亜矢(藤間爽子)の仕業となり、心春の事件も風化してしまうと教える。そんな中「5年前、東堂心春さんを救えなかったのは私の責任です」とポツリ。東堂は卑劣な罪を犯したが、その責任の一端は自分にある。「だからこそ、取り逃したホシをあげなければいけないんですよ。この手で」とぶつけた。

“実咲と心春は親しい関係だった”との仮説をもとに、友果に調査を依頼するよう温人に迫る葛城。この真相が分かれば、犯人の狙いも見えてくるはずなのだ。

鳴沢未知留(多部未華子)
鳴沢未知留(多部未華子)

釈放された温人は、友果に実咲と心春の関係を調べてほしいとお願い。娘の心の傷を心配するも「平気だよ」と友果。未知留から事件のあらましを聞いた彼女は、東堂が犯人だと知ったとき、“命を狙われていたわけではない”と分かって楽になったという。実咲​​を誘拐した犯人を許せない、と前向きに協力してくれることになった。その後、事件の鍵を握るタブレットを手に外に出た未知留が誰かから口をふさがれ……。

ネット上では、敵対関係になっていた温人と葛城がタッグを組んだことで「鳥肌もの」「アツい」「胸を打たれた」​​とのコメントが。また未知留が襲われるシーンには「息止まった」「妊婦だから心配」などの声が寄せられた。

次週6月12日は最終話。犯人は、逃走中の東堂と未知留の交換を要求する。​

画像ギャラリー