今田美桜“麻理鈴”、働く母が直面している厳しい現実を知る

公開:

今田美桜が主演を務める水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第8話が、6月1日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

深見じゅん原作の大人気コミックが、30年の時を経て再びドラマ化。主人公の田中麻理鈴(今田)が、毎話部署を転々とする中、出会う社員の問題を解決していく。

前回放送の第7話では、麻理鈴が初めての社内政治に挑む様子が描かれた。

<第8話あらすじ>
社内政治で発揮した“悪女”ぶりで次期社長の島田礼治(小木茂光)を怒らせた田中麻理鈴(今田)は、再び「備品管理課」に逆戻り。小野忠(鈴木伸之)や山瀬修(高橋文哉)が心配する中、麻理鈴は明るく振る舞おうとするが、「備品管理課」の仕事は減る一方で、先輩社員も早期退職で職場を去ってしまった。残ったのは、課長の竹内一成(佐戸井けん太)と、企画開発部から異動してきたばかりの間宮マミコ(桜井ユキ)だけ。立て続けに2人の子の育休と産休を取ったマミコは、復帰後も時短勤務が続いて企画開発部に居づらくなり、「備品管理課」に自ら異動してきたのだ。

育児で思うように仕事ができず、人にも迷惑をかけているのではないかと「すみません」と口にしてばかりのマミコ。それでもマミコが「未来」に備えて企画を書き溜めているのを見た麻理鈴は、「備品管理課」で新しい仕事を始めようと思いつく。

早速、放置されている“備品”をリスト化し、必要な部署に配り始める麻理鈴。その思いつきは話題となり「備品管理課」に人が殺到するが、仕事が増えたせいでマミコの私生活に影響が出てしまう。峰岸雪(江口のりこ)の力を借りてなんとかマミコのピンチを乗り切った麻理鈴は、働く母が直面している厳しい現実を知る。

そんな中、空室が出た13階に「備品管理課」を移動させるべく、次々にアイデアを出す麻理鈴。しかし「社内規定に反している」と計画は頓挫してしまう。麻理鈴に背中を押される形で仕事にやりがいを求め始めたマミコも、次第に疲弊していく。自分がマミコを追い詰めているのか? 悩む麻理鈴に、竹内は「企画管理課」で働き続ける思いがけない理由を打ち明ける。

時短勤務も育休も「社内規定」で定められているにも関わらず、肩身の狭い思いをして苦しむマミコ。彼女は育児と「自分の人生」を両立する道を見つけることができるのか? そして「社内規定」に縛られて身動きが取れなくなってしまった麻理鈴が、自分の未来を切り開くために取った行動は?

画像ギャラリー