関ジャニ∞、黒木瞳手がけるアドリブドラマに挑戦「カロリー高い」

公開:
関ジャニ∞、黒木瞳手がけるアドリブドラマに挑戦「カロリー高い」

関ジャニ∞の新バラエティ番組『関ジャニ∞の あとはご自由に』(フジテレビ系、毎週月曜24:55~)が、5月9日に放送。メンバーがアドリブドラマに挑戦した。

たった一つだけのルールを設定して「あとはご自由に」と、ゲストと関ジャニ∞が多彩な企画にチャレンジする本番組。今回は、黒木瞳を招いて彼女の主演・監督・脚本のドラマ『はじめてのオレオレ詐欺』に挑戦することに。メンバーから選ばれたのは、横山裕村上信五大倉忠義の3人で、丸山隆平安田章大は別室で見守った。

大倉は失敗ばかりのオレオレ詐欺の受け子、黒木は詐欺初日の素人を演じる。一方、村上は2人の獲物となる頑固ジジイ、横山は村上の息子で秘密がある役どころ。ドラマの内容は、メンバーに一切知らされておらず、アドリブで対応していく。

黒木と大倉が、金を騙し取ろうと村上宅へ。なんとか通帳を受け取り、出て行こうとしたところ、息子の横山が帰宅。親子がやりとりする中で、黒木は横山が幽霊というていで「お父さん、誰と喋っているんですか?」と投げかけてきた。

さらに、横山に声をかけられた大倉が反応した際には、脚本が頭に入っている黒木が「誰と喋ってるの? お父さんは誰か分からない人と喋っていますよね?」と軌道修正。彼女の思いもよらない台詞に、大倉や村上は困惑の表情を浮かべる。

黒木が信頼する演出家と脚本の軌道修正をするブレイクタイムでは、彼女が話し込む中、横山が「今までで一番ムズい番組やわ」とポツリ。3人の表情を見ていた丸山も「あんまりほかのバラエティで出す顔じゃない。素やもんね」とコメントした。ブレイクタイム後、ドラマが再開。なぜ黒木が軌道修正をしたのか……その全貌が判明する衝撃のオチにメンバーは爆笑した。

ネット上では、黒木プロデュースのアドリブドラマに「カロリー高い」「面白かった」「思いも寄らない展開」​​とのコメントがあった。

次回は5月16日に放送。メンバーと黒木が今回のドラマを振り返っていく。