北乃きい“久恵”が動き出す!「陶子ちゃんは病気になった」とニヤリ…

北乃きい“久恵”が動き出す!「陶子ちゃんは病気になった」とニヤリ…
最新エピソードを無料視聴

山崎紘菜北乃きいがW主演を務めるドラマ『汝の名』(テレビ東京系、毎週火曜24:30~)の第6話が、5月10日に放送される。

同ドラマの原作は、「輪(RINKAI)廻」で第7回松本清張賞を受賞した明野照葉の同名作で、ひた隠しにされている女の感情の「負」が惜しげもなく散りばめられた新感覚ホラーサスペンス。

先週の第5話で、麻生久恵(北乃)が、老女・松谷継子(茅島成美)の飲み物に薬を投与し心臓に負担をかけ、人知れず死においやっていたことや、本物の“麻生陶子”(長井短)に薬物を渡し彼女の死に関わっているようなシーンが描かれた。“闇落ち”した久恵についてSNS上では「久恵ちゃんダメ~っ」「どんどん壊れていく」「どうやってここから登っていくのか気になる」「表情が豹変」といったコメントで盛り上がっていた。

<第6話あらすじ>
壱岐亮介(EXILENAOTOEXILE三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が週末に家にやってくると知った麻生久恵(北乃)は、張り切って毎日豪華な料理を作るようになる。

一方、麻生陶子(山崎)は疲労のせいか体調を崩しがちだった。心配してオフィスに訪れた亮介に、陶子は本名の三上里矢子に戻ることと、本物の麻生陶子(長井)は亡くなっていることを伝える。亮介は警察からの連絡はあったのかと尋ねるが、陶子には覚えがない。

実は久恵が本物の陶子の身元確認をしており、そのことを陶子に伝えずにいたのだった。大したことじゃないという久恵に、これまでの久恵と違和感を覚える陶子。そして週末、亮介が訪れて豪華な食卓を囲み、和やかなひと時を過ごす。

亮介を送り出した後、陶子の体調が悪化。ベッドに倒れこむとそのまま気を失ってしまう。目を覚ますと声も出ず、体も動かない。そこに久恵が現れ、陶子ちゃんは病気になった、とにこやかに告げる。

画像ギャラリー