高橋一生“志村”と柴咲コウ“キリコ”のドレスアップ姿に「眼福」

公開:
高橋一生“志村”と柴咲コウ“キリコ”のドレスアップ姿に「眼福」

高橋一生柴咲コウがW主演するドラマ『インビジブル』(TBS系、毎週金曜22:00〜)の第​​4話が5月6日に放送。ネット上では、志村貴文(高橋)とキリコ(柴咲)​​の美しすぎるドレスアップシーンに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

普段目にする事故や事件には未解決事件となってしまうものが数々あるが、実はその中には警察すら存在を知らない凶悪犯、通称“クリミナルズ”によって行われている犯罪がある。本作は、そんなクリミナルズを捕らえるため、刑事と犯罪コーディネーターという絶対に相容れないはずの2人が異色のバディを組む前代未聞の犯罪エンターテインメント。

捜査三課長の大貫昌代(松下由樹)が捜査一課にやってきた。大貫の目的はキリコ。先日から、相次いで発生している絵画盗難事件の解決を依頼したいという。彼女のもとに“捜査一課がインビジブルを囲っている”というタレコミがあったそうで、なかば、脅される形で協力することになった。

じつはタレコミを入れたのはキリコ自身だった。猿のお面をかぶった“モンキーズ​”という名の窃盗団について、彼女も目をつけていたという。しかも、志村の同僚が殺された3年前の事件、キリコの探しもの、今回の盗難事件の3つには繋がりがあるらしい。

彼らの次のターゲットである50億円の絵画を手にしていたキリコは、あえて警視庁の倉庫に運んだという情報を流し、モンキーズをおびき寄せた。しかし、今回は絵に発信器をつけて逃走先を探るため、わざと逃してしまう。何も聞かされていない志村は、格闘の末、電流攻撃を受けて満身創痍……。「先に言え!」と激怒した。

キリコは、彼らが盗品を出品する闇オークション会場へ、潜入捜査することを持ちかける。現場を押さえれば、闇市場のバイヤーやブローカーを一網打尽にできる。すでにオークションの招待状を手にしたキリコと志村が、バイヤーのフリをして会場入りすることになった。

志村は着なれぬタキシード、キリコも艶やかな黒のドレスに身を包んでオークション会場へ。そこで出品者のモンキーズと相対する!

警察突入後、逃走するモンキーズを追いかける志村。キッチンまで追い詰めると、粉を振り撒き、目眩し。スタンガンを持った男が作業台にのぼって攻撃しようとしたそのとき、あらかじめ敷いていたジャケットを引き、転倒させる。「(ジャケットは)借りものなんだよ……踏みつけるな」と、大量の氷を入れた袋で殴打してノックアウトした。

ネット上では、ドレスアップした2人と、志村のアクションシーンに「眼福です」「素敵すぎた」​​とのコメントがあった。

次回は5月13日に放送。3年前の事件に関与している可能性が高まったキリコが、行方をくらます。