『元彼の遺言状』TVer再生数が今クールドラマ1位に!

公開: 更新:

綾瀬はるかが主演を務める月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第5話が5月9日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

原作は、宝島社主催の2021年・第19回「『このミステリーがすごい!』大賞」で、大賞を受賞した新川帆立による同名小説。敏腕弁護士の剣持麗子(綾瀬)と篠田敬太郎(大泉洋)がバディを組み、数々のミステリーを解いていくリーガルドラマ。

なお、第1話は1週間で336万再生を記録し、続く第2話、3話もそれぞれ200万再生を突破し、高い再生数を維持している(TVer、FOD、GYAO!の合計値、※ビデオリサーチ速報値)。「TVer」における見逃し配信の再生数は、4月クールの全ドラマの中で1位で推移しており、今後さらなる記録更新に期待が高まる。

先週放送された第4話では、篠田が大ファンのミステリー作家・秦野廉(宮田早苗)​​が13年ぶりに新作を発表。しかし記者会見で「私は人を殺しました」と告白する……というストーリーが展開。ネット上では麗子と篠田の子供のケンカのような罵り合いが話題に。「可愛いすぎる」「息ピッタリ」「面白い」とのコメントがあった。​​

<第5話あらすじ>
ある日、森川紗英(関水渚)が「暮らしの法律事務所」を訪ねてきた。「ちょっと篠田借りるわよ」と、とあるパーティーのエスコート役で篠田敬太郎(大泉)を連れ出す。行き先は投資会社「M&Sキャピタル」の創立15周年記念パーティー。昨今業績を伸ばしている注目の投資会社で、華麗なる森川家の投資顧問でもある。大学時代に意気投合した真梨邑礼二(藤本隆宏)と庄司健介(高橋洋)が28歳で起業。小さなアパートの一室からスタートし、ここまで成長させてきた。

一方、剣持麗子(綾瀬)のかつての上司・津々井君彦(浅野和之)は麗子を同じパーティーへ連れて行く。「M&Sキャピタル」は一部上場を機に新たに弁護士を探しているらしく「私と一緒にこの案件をモノにしませんか」という打診だった。それぞれの目的で同じパーティーへ集まった4人。会場が暗転し、いよいよパーティーが始まる。しかし、真梨邑が壇上に立ちスピーチを始めた途端、会場から衝撃音が鳴り響く。久野文也という一人の投資家が突然死亡したのだ。久野は「M&Sキャピタル」の大口の顧客だったそうだが、暗転中に一体何が起きたのか……?

画像ギャラリー