ポケモン声優・松本梨香が大ヒットソングの裏事情を告白「1曲10万円で…」

公開: 更新:
ポケモン声優・松本梨香が大ヒットソングの裏事情を告白「1曲10万円で…」

声優の松本梨香が、5月4日に放送された『発見!ギリギリのギリ』(フジテレビ系)に出演。大ヒットソングの裏事情や自身の生い立ちについて語る場面があった。

この番組は、その仕事1本でなんとか食べられている「ギリギリのギリ」の人を探すリアルライフドキュメンタリー。スタジオでは、MCのヒロミが、チョコレートプラネット長田庄平松尾駿)や高橋ひかると共に、密着VTRに登場する人々を見て「ギリギリのギリ」なのか、まだ食べられない「カツカツのカツ」なのか、それとも余裕で食べられている「キラキラのキラ」なのかを予想する。

アニメ『ポケットモンスター』の主人公・サトシ役でお馴染みの松本の登場に、スタジオの出演者は全員が「キラキラのキラ」と予想。ヒロミが「この人がギリだったら、大変なこと」と指摘する通り、松本は「キラキラのキラ」であることが判明する。

松本は、アニメのキャラクター以外にもナレーションや洋画の吹き替えなどをこなし、歌手としてリリースした「めざせポケモンマスター」は売上約200万枚の大ヒットを記録。しかし、印税契約は結んでおらず、“買い取り”だったそうで、松本は「1曲10万円で歌った」と打ち明けた。

そもそも父親が劇団の座長だったことから、声優ではなく舞台女優を目指していたという松本は19歳で体を壊し、夢を断念。「声の仕事をやりだしたら、歌を歌うチャンスにも恵まれ、広がっていった」と、今の仕事とのめぐり合わせを語った。

現在は、かつての夢だった舞台女優や絵本作家としても活動している松本は、スタッフから「すごい長生きしそう」と言われ、「ありがとうございます。“長生きばあさん”という役もやったことがあるので」と大笑い。そんな松本に、ネット上では「生い立ち知らなかった」「これからもずっと演じ続けてほしい」「応援してます」などのコメントが寄せられた。