綾瀬はるか“麗子”と大泉洋“篠田”の罵り合いが「息ピッタリ」

綾瀬はるか“麗子”と大泉洋“篠田”の罵り合いが「息ピッタリ」
最新エピソードを無料視聴

綾瀬はるかが主演を務める月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第4話が、5月2日に放送。ネット上では、剣持麗子(綾瀬)と篠田敬太郎(大泉洋)の罵り合いを面白がる声があった(以下、ネタバレが含まれます)。

原作は、宝島社主催の2021年・第19回「『このミステリーがすごい!』大賞」で、大賞を受賞した新川帆立による同名小説。敏腕弁護士の麗子と篠田がバディを組み、数々のミステリーを解いていくリーガルドラマ。

篠田大ファンのミステリー作家・秦野廉(宮田早苗)​​が13年ぶりに新作を発表。オンラインで新作発表記者会見を見ていた篠田は驚愕する。なんと彼女が「私は人を殺しました」と告白したのだ。

その後、彼女が明かした場所で本当に死体が発見された。このままでは出版差し止め​​となってしまう――。心配する篠田に対し、当初は“金にならない”と携わらない予定だった麗子が動き出した。小説を発売する出版社の顧問弁護士が高齢のため、今回恩を売っておけば、バトンタッチできるチャンス。高収入が見込めると踏んだのだ。

被害者は妻と娘と住む男性。その妻が「夫を殺した」と警察に出頭した。妻は秦野家に家事代行業者スタッフとして出入りしており、原稿を読んだ彼女が、小説とまったく同じ方法で夫を殺したらしい。争点となるのは、秦野が殺人教唆(人に犯罪を実行させる決意を生じさせること)をしたのかどうか。

麗子と篠田が調査を進めていくうちに、秦野が殺人を犯した証拠が集まる。2人は彼女のもとに行って……。

秦野の小説は発売中止となった。出版社に大きな被害をもたらすことなく、事件を解決した麗子は、顧問弁護士の契約を結ぶことに。しかし、編集者が秦野の新作をこき下ろしたことで、篠田が激怒。作品に愛のない会社とは仕事ができないと、一方的に契約破棄した。

彼の勝手な行動に麗子はブチギレ。翌日、2人は事務所で「貧乏神が!」「金の亡者め!」「篠田のくせに偉そうなこと言うな。この役立たず!」「“篠田のくせに”とはなんだよ。ジャイアンか!」などと言い合いに。これまで雑用係として従事してきた篠田だが、もう食事は作らないと宣言。「麗子ちゃんなんかね、一生腹をすかせていればいいんだよ!」と、そのまま出ていく……わけではなく、事務所の寝床に向かった。

ネット上では、子供のような言い争いのケンカに笑ってしまう人も多く「可愛いすぎる」「息ピッタリ」「面白い」とのコメントがあった。​​

次回は5月9日に放送。冷戦状態の麗子と篠田が参加したパーティーで、人が亡くなってしまう。

画像ギャラリー