すゑひろがりず南條、電動ドライバー使いこなせず手動でネジ回し「こんなのしてる人います?」

公開: 更新:
すゑひろがりず南條、電動ドライバー使いこなせず手動でネジ回し「こんなのしてる人います?」

4月19日に放送された『それゆけ!大宮セブン』(テレ玉、毎週火曜23:30~)では、すゑひろがりず三島達矢南條庄助)が着物でDIYに挑んだ。

BSよしもととテレ玉の共同著作である本番組。「大宮ラクーンよしもと劇場」を活動拠点とする芸人ユニット・大宮セブンのメンバーたちが、大宮をお笑いの聖地にすべく、あらゆるコンテンツに挑戦する。

「着物で でい・あい・わい」と題し、今回は「机」のDIYに挑戦。家具の組み立てはすべて妻が行っているというDIY超初心者の南條は、「上手くなりたい気持ちはございますので」と意気込みを述べた。人並みにDIYができる三島は説明書を読み上げ、南條のサポートに回る。

南條がDIY超初心者っぷりを発揮したのは、電動ドライバーを使用した時のこと。木材につけた印にしたがって穴を開けようとしたが、斜めにネジが刺さり、木材にネジ先が埋まってしまった。

その後も、試行錯誤しながらDIYを行う2人だが、木材同士をネジで接着する工程でもやはり南條は電動ドライバーを使いこなせない。三島が「手でやろう」と言いだし、手動でネジを締める。南條は思わず「こんなのしてる人います?」とぼやき、三島は「ヒロミさんの(DIY番組を)見ているけど、こんなのではない」と、キー局との差を痛感。「でも、着物で でい・あい・わいはこんな感じよ」と続けた。

そしてようやく手作り感満載の机が完成。2人は喜ぶがネジが手に刺さったり、天板を押すとぷるぷる揺れたりすることから、「寒天机」と命名した。

次回は5月3日に放送される。