小芝風花“澪”、因縁の上司と再会!?

公開:

小芝風花が主演を務める『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第4話が、4月30日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

本作は、小芝演じる気弱で空気を読むことだけが取り柄だった目黒澪が、ボロボロのどん底に陥っていたところをシェアハウスで暮らす妖怪たちに拾われ、やがて澪が直面するトラブルや悪い奴らを妖怪たちに助けられながら成敗し、成長していく姿を描いた異色のホラーコメディ。

前回放送された第3話では、美容外科の赤坂麗(村岡希美)と赤坂紅(内田慈)姉妹が勧める新しい美容施術プラン「マックスハッピー」のモニターを受けた澪は、目も鼻もないのっぺらぼうになってしまい……というストーリーが描かれた。

<第4話あらすじ>
目黒澪(小芝)は、たまたま外資系IT企業で働く小暮梢(武田梨奈)の窮地を助けたことをきっかけに、梢の会社で雇ってもらえることに。シェアハウスの妖怪たちにも応援されながら、意気揚々と初出社した澪は、梢から配属先の出版部門の編集長・上竜樹(安井順平)を紹介されて驚く。

なんと、上はかつて澪が小説を売り込んだ相手で、その際に小説をろくに読みもせず酷評したうえにその原稿を澪の目の前でゴミ箱に捨てたのだ。ショックを受けた澪は、それ以来角が生えなくなり、原稿を書こうとすると紫のモヤモヤした煙が手を覆い文字が書けなくなっていた。上に動揺する澪だったが、次に編集者の小豆沢流(岩崎う大)を紹介されると、その優しい印象に少し安堵する。

翌日、上が忙しく作業する小豆沢に、AIをテーマにした記事のライターへの発注を澪に手伝わせたらと提案すると、それを聞いた澪は自分で書きたいと訴える。すると、上は不敵な笑みと共に「書けるなら書いてみれば」と容認。そして、去り際に「一人入れたら、一人出てってもらわないとね」と、暗に小豆沢か澪のどちらかの首を切ることを匂わせる。その途端、小豆沢の態度が急変し……。

画像ギャラリー