吉川愛“雪”、横田真悠“リナ”のパパ活相手から関係を迫られ…

公開:

吉川愛横田真悠齊藤なぎさ=LOVE)、箭内夢菜宇垣美里らが出演するドラマイズム『明日、私は誰かのカノジョ』(MBS毎週火曜24:59~/TBS毎週火曜25:28~)の第3話が、4月26日に放送される。

本作は、2019年5月より連載中のマンガアプリ「サイコミ」では、ランキング1位をキープし続ける、をのひなおによる同名マンガが原作。1週間に1回誰かの彼女になるレンタル彼女として日々お金を稼ぐ白石雪(吉川)。埋められない孤独を抱え、寂しさを男で紛らわすリナ(横田)。見た目に固執し、整形を繰り返す30代女子・中谷彩(宇垣)。周りに流されず、“自分”を持ってると語る真矢萌(箭内)。自由を求め上京し、夜の街で“今”を生きる高橋ゆあ(齊藤)。様々な思いを持つ5人の女性たちがレンタル彼女編、パパ活編、整形編、ホスト編の各章で主人公となり物語が進む。

先週放送された第2話では、交際相手の不倫が発覚し自暴自棄になったリナの姿に、SNS上で「切ない」などのコメントが集まった。

<第3話あらすじ>
サークル仲間からの情報で、白石雪(吉川)が風俗のような仕事をしていることを知ったリナ(横田)は、友達なのに隠し事をされていたと、雪に不信感を抱く。一方で、飯田(神尾佑)の誘いを受け、一緒にリナのプレゼントを買いに来ていた雪は、飯田から関係を持つよう誘われる。きっぱりと断る雪に、飯田はリナとの関係も終わらせることを告げる。雪とは距離を置き、飯田との関係も切れ、孤独を深めるリナ。そんなリナがすがったのは雄大(井上想良)だった。

リナと会った雄大は事情を聞いて、雪と仲直りするよう促す。意を決して雪に会うリナ。その時、雪も心に決めていたことがあった。雪との友情、雄大との恋、リナの未来は果たして――。

画像ギャラリー