浅香航大“深見”の風呂上がりに岡崎紗絵“ゆう”動揺「色気ヤバっ!」

浅香航大“深見”の風呂上がりに岡崎紗絵“ゆう”動揺「色気ヤバっ!」
最新エピソードを無料視聴

岡崎紗絵が主演を務める木ドラ24『花嫁未満エスケープ』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~)の第3話が、4月21日に放送。ネット上では、元カレと今カレの偶然の出会いに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、電子書籍サイト「ブックライブ」にて連載中の小川まるにのコミックを原作にしたトライアングルラブストーリー。岡崎は、付き合って7年、同棲して5年目の彼氏がいる主人公のアラサー女子・柏崎ゆう役を演じる。また、ゆうの今カレ・松下尚紀役を中川大輔が、元カレ・深見一役を浅香航大が演じる。

主人公の柏崎ゆう(岡崎紗絵)
主人公の柏崎ゆう(岡崎紗絵)

深見の家で尚紀と電話していたゆう。深見が予定より早く戻って声をかけてきたこともあり、慌てて電話を切った。その後、風呂上がりの彼を見て、“色気ヤバっ! 尚くんと全然違うんだけど!”と困惑。このまま深見の家に泊まっていいものか、でも寝る部屋が別々なのでいいのか、と思う反面、“もしあの色気で迫られたら……こばむ自信ない!”と思うのだった。

一方、住宅メーカーに務める尚紀は、ゆうとの電話を不審に思いながらも仕事へ。ふと彼女のことを考えていると、今度一緒に仕事をすることになったパートナー・深見が来社した。2人はゆうの元カレと今カレという関係を知らないまま名刺交換。深見に「一緒にがんばりましょう」と声をかけられ、笑顔で返事する尚紀だった。

仕事の打ち合わせを重ねる中、尚紀の身の上話に。「5年も同棲していると、結婚しなくても一緒なんで」「これから先、相手とずっと一緒にいることが想像できない」と彼女(ゆう)とうまくいっていないことをポツリ。相手が何を考えているのか分からない、とこぼした。

思い悩む彼に深見は「(相手が)今の気持ちをどう言葉にすればいいのか分からないだけではないでしょうか」と伝える。自身も、高校時代の彼女(ゆう)に、何も言わずに離れたことがあったと振り返った。

一方、思うところがあって、深見に部屋の鍵を返すゆう。彼氏(尚紀)と向き合って、分かり合えるように努力すると告げた。ゆうが尚紀へメッセージを送り、2人で今後について話し合うことに。雨が降る中、尚紀は、ゆうのもとへ。しかし、そこで彼女と深見が親しげに話しているところを見てしまう。どうやらゆうが泊まっていたのは、深見の自宅のようで……。

ネット上では、深見の風呂上がりシーンに「色気ヤバー!」「ダダ漏れ」の声が。深見と尚紀の対面や、ラストシーンには「出会っちゃった」「波乱の予感」とのコメントがあった。

次回は4月28日に放送。これからのことを話そうとするゆうだったが、尚紀にはぐらかされてしまい……。

画像ギャラリー

PICK UP