​​綾瀬はるか“麗子”、事件解決も元彼の遺言の意味に「斬新」の声

​​綾瀬はるか“麗子”、事件解決も元彼の遺言の意味に「斬新」の声
最新エピソードを無料視聴

綾瀬はるかが主演を務める月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第2話が、4月18日に放送。ネット上では、最後に明らかになった森川英治(生田斗真)の遺言の意味に「斬新」との反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

原作は、宝島社主催の2021年・第19回「『このミステリーがすごい!』大賞」で、大賞を受賞した新川帆立による同名小説。元彼の栄治が残した「全財産は僕を殺した犯人に相続させる」という奇妙な遺言を受けた敏腕弁護士の剣持麗子(綾瀬)が、依頼人と共謀して分け前を狙う破格の遺産相続ミステリー。麗子に遺産山分けの提案を持ちかける謎の依頼人・篠田敬太郎を大泉洋が演じる。

一度は東京に帰ったものの、栄治からの暗号メッセージ「しのだをたのんだ」を見つけ、再び犯人選考会が行われた別荘に戻ってきた麗子。そこで「犯人の方はあとでこっそり私に名乗り出てください」と提案した。彼女の目的は、あくまで遺産を半分もらうと約束した篠田を犯人にすること。真犯人と交渉の場を持ちたいというのだ。

その後、さまざまな証拠を集め、犯人を特定した麗子と篠田。謎解きをしたあと、改めて篠田が犯人でいいのではないか、と訴えた。麗子は、報酬が手に入る自分にも、罪をなすりつけられる犯人にも、身内から犯人が出ずにすむ森川製薬にとっても、メリットがあるという。しかし、獣医師の堂上圭(野間口徹)が罪を認めてしまう。結局、彼が捕まってしまい、麗子は遺産を手にすることができなかった。

事件解決後、栄治が遺した法律事務所に戻ると篠田がいた。「偶然、合鍵見つけちゃって」と言い訳する彼に「掃除は今日中に終わらせて。それから、これから毎日、腕によりをかけて、私のために料理を作ること。それが条件よ」と暗に雑用係として雇うことを伝えた。

麗子は「しのだをたのんだ」というメッセージを見ながら“栄治、ホント何なのこいつは。厄介な遺言を残して”と思うのだった。

遺言は遺産のことではなく、篠田のことだと判明。ネット上では、メインだと思っていた事件が2話で解決したため「斬新」「贅沢」との声が。一方、来週から、麗子と篠田がさまざまな難事件に直面しながらも、まだ明かされていない森川家事件にも触れていくことが予想されることから「伏線ありそう」「篠田が謎」との反応もあった。

次回第3話は4月25日に放送。麗子のもとへ“武田信玄”を名乗る男から依頼の電話が入る。

PICK UP