柴咲コウ“キリコ”、ミステリアスな姿に反響「美しすぎる」

柴咲コウ“キリコ”、ミステリアスな姿に反響「美しすぎる」
最新エピソードを無料視聴

高橋一生柴咲コウがW主演するドラマ『インビジブル』(TBS系、毎週金曜22:00〜)の第1話が4月15日に放送。柴咲演じる謎の女性・キリコの姿に、ネット上では「異次元過ぎて美しい」と反響が相次いだ(以下、ネタバレを含みます)。

渋谷のスクランブル交差点で爆発が発生。警視庁刑事部・特命捜査対策班の刑事、志村貴文(高橋)らが救助活動に追われていると、街頭ビジョンに謎の男の姿が映し出され、「これはまだ始まりに過ぎない」と、さらなる爆破を匂わせながら、「私が欲しいのは、志村貴文」と、志村の身柄を要求する。

その後、さらに、志村あてのメッセージが到着。待ち合わせとして指定された遊園地に志村が向かうと、ひとりの女性(柴咲)が現れ、呼び出したのは自分だと告げる。

「街頭ビジョンを電波ジャックしたのは私だが、私は犯人ではない」と女性。志村は女性を逮捕しようとするが、女性は警察を牽制し、今回の爆破事件の犯人である“花火師”(RED RICE)の存在を告白。「今度こそあなた一人で来るなら、事件の真相を教えてもいい」と、志村が追い続ける三年前の通り魔事件をちらつかせながら持ちかける。

「キリコ」と名前を明かした女性とともに郊外のサウナへ向かい、ハッカーの男(DAIGO)から“花火師”のアジトを聞き出す志村。捜査本部ではキリコが「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターであることを突き止め、アジトを包囲するが、すでに“花火師”は次なる現場を歩いていて……。

柴咲が演じるキリコのミステリアスな雰囲気に、ネット上では「美しすぎる」「金髪ショートかっこいい」と反響が。高橋演じる志村にも「めちゃくちゃかっこいい」と声が上がり、久々にドラマでのタッグとなる2人に注目が集まっていた。

次回4月22日放送の第2話は、新たな事件から、殺し屋を育てる“調教師”の存在が浮かび上がる。

画像ギャラリー