向井理の主演『先生のおとりよせ』に江口のりこ“五月女恵”が現る!?

向井理の主演『先生のおとりよせ』に江口のりこ“五月女恵”が現る!?

向井理北村有起哉が出演するドラマ25『先生のおとりよせ』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)の第2話が、4月15日に放送。今回、同局で放送中の水ドラ25『ソロ活女子のススメ2』で主人公・五月女恵を演じる江口のりこが、“恵”として登場することがわかった。

『先生のおとりよせ』は、2013年から2018年までpixivコミックで連載された中村明日美子(漫画家)・榎田ユウリ(小説家)による「先生のおとりよせ」(クロフネコミックス/リブレ刊)が原作。実在する「おとりよせグルメ」を軸に、漫画と小説のリレー形式で紡がれる作品を数々のグルメドラマを生み出してきたテレビ東京が、連続ドラマ化。

主演の向井は、ドSで不愛想な官能小説家・榎村遥華役を。北村は、小説家の榎村とタッグを組んでコラボ作品を執筆することになる、明るくフェミニンでドМな美少女漫画家・中田みるく役を演じる。性格も考え方も真逆な二人の、笑って泣ける(!?)おとりよせライフが描かれる。

今回“恵”として出演する江口は「『先生のおとりよせ』の撮影現場にお邪魔した時は、人の家に遊びに行ってすぐに帰ってきたみたいな感じでした。久々に向井さんにも会えて嬉しかったですし、このような企画に参加させていただき楽しかったです!」と語っている。いったいどんなシーンに登場するのか、注目が集まる。

『先生のおとりよせ』に五月女恵(江口のりこ)が登場
『先生のおとりよせ』に五月女恵(江口のりこ)が登場

また『ソロ活女子のススメ2』には、向井が“榎村”として出演することも発表されており、ドラマの垣根を超えたコラボレーションが実現する。

<第2話あらすじ>
仕事の進め方について言い合う官能小説家の榎村遥華(向井)と漫画家・中田みるく(北村)。

コラボに乗り気でない二人を見かねた編集長の九堂今日子(橋本マナミ)は、二人のおとりよせの宅配を停止!

それでもコラボを断る榎村と、自分だけでもおとりよせを復活させてくれと頼みに行く中田。「お互いの作品をリスペクトしあっている二人なら別格のコラボ作品が生まれるはず!」という今日子の強い気持ちを聞いた中田は、“おとりよせ”を利用して、榎村に歩み寄る。

画像ギャラリー

PICK UP