岡部大演じる修行僧、犬飼貴丈“親友”の目の前のお皿から…

岡部大演じる修行僧、犬飼貴丈“親友”の目の前のお皿から…
最新エピソードを無料視聴

ハナコ岡部大が主演を務めるドラマ24『しろめし修行僧』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第2話が、4月15日に放送。松井玲奈が、第2話のヒロインとして農家の娘・山村朱里役で登場する。

本作の主人公は、ほぼニートのような生活を送っている寺の息子・米田たくあん(岡部)。それを見かねた、寺の住職である父・こしあん(松平健)は“托鉢”の全国行脚修行を命じる。修行に出たたくあんは、行く先々で“しろめしに合うおかず”と遭遇……。さらに、その土地で出会うマドンナとの恋模様や、同じく修行中の親友・佐藤ぶりあん(犬飼貴丈)との心あたたまる友情なども描かれる新しいグルメドラマだ。

先週放送された第1話で、千葉南房総へ向かったたくあんは、新人漁師の海原千佳(内田理央)と出会い、彼女に淡い恋心を抱くが……。ネット上では、美味しそうにごはんを食べるたくあんに「飯テロドラマ」「見てるだけでほんわか」「癒される」との声が。ぶりあんを演じた犬飼については「もぐもぐかわいい」「好青年」とのコメントがあった。

<第2話あらすじ>
寺の息子・米田たくあん(岡部)は、“托鉢”の全国行脚修行で栃木県大田原市を訪ねる。特産の大田原牛や自然薯を使ったおかずなど、自然が生んだご飯のお供が盛りだくさん!

農家で山村重雄(おかやまはじめ)の農作業を手伝いをすることになったたくあんは、イライラした様子の重雄の娘・朱里(松井)と居合わせる。

仲が良くない重雄と朱里の様子が気になったたくあんは、幼馴染の佐藤ぶりあん(犬飼)に相談し、仲を取り持とうとするが……。

画像ギャラリー