北村匠海『名探偵ステイホームズ』DC完全版に続編予感させる衝撃シーン!?

北村匠海『名探偵ステイホームズ』DC完全版に続編予感させる衝撃シーン!?

4月3日と10日の2週連続にわたって日本テレビ系で放送し大きな注目を集めたスペシャルドラマ『名探偵ステイホームズ』。Huluでは今作の見逃し配信に加え、地上波では放送できなかったシーンを加えたディレクターズカット完全版の配信が決定! 本編と同じく前編・後編に分けて独占配信されている。

同ドラマは、実家の子供部屋で生活をする“子供部屋おじさん”が人並み外れた検索能力を駆使する“在宅探偵”となって、部屋から一歩も出ないままでさまざまな事件を解決に導いていくサスペンスコメディ。主人公のアタルを演じたのは、これまでに数多くの映画やドラマで変幻自在に役を演じ分けてきた若手俳優世代のトップランナーの北村匠海。北村にとっては、意外にも今作が記念すべき地上波ドラマ初主演作となった。

脚本と演出を担当したのは、2020年に放送されたドラマ『ダブルブッキング』を手掛けた森ハヤシ水野格。同作は緊急事態宣言下で制作&放送されたもので、全ての物語がリモートの中だけで進んでいく新タイプのドラマとして話題に。コメディと見せかけてジワジワとサスペンスへと変ぼうしていく緻密なストーリー展開や、パソコン画面全体を使った大胆な画面構成などに対してSNS上では、「感情が振り回される忙しいドラマ」「リモートドラマを侮っていた」などといった好評コメントが多数投稿された。

そして『名探偵ステイホームズ』は、その『ダブルブッキング』を見たイギリスの制作会社(ハリー・ポッターシリーズのプロデューサーも参加しているEnvision Entertainment社)から日本テレビ宛に、ドラマ共同開発の申し出があったことで誕生した作品。『ダブルブッキング』制作チームとイギリスの制作チームは企画の立案から脚本の構想に至るまで、全ての打ち合わせをリモートで実施している。プロデューサーのマイケル・ネイカンは「全てをビデオ会議で進めたおかげで一層面白くなった。直接会ったことのない人たちがインターネットを通じてつながる……ドラマ作りのプロセスが実際にドラマにも影響を与えた」と今回の作品のクオリティに胸を張って太鼓判を押している。

また本作は日本で放送&配信すると同時に、MIPCOMをはじめとした国際見本市にも売り出し、各国の“在宅探偵”を主人公にした続編の制作も計画されている。

物語は、在宅ワーク中の相田アタル(北村)が勤務態度を理由にクビになってしまう場面から始まる。アタルを溺愛する母親・恵美(鈴木保奈美)に解雇されたことを打ち明け落ち込むアタルは、推しの人気声優・観音寺かの子(小宮有紗)のインスタ動画で癒やされようとするものの、そこでかの子の匂わせフラグを発見。驚異の検索能力で彼女が不倫していることを暴いてしまう。アタルはインターネット上で英雄のように称賛される一方で、調子に乗って誹謗中傷を書き連ねてしまったことで事務所から名誉毀損罪で訴えられると言われてしまう。

そんな中、アタルのもとを警視庁の沼田貫太(谷原章介)と坂本才花(松本まりか)が訪問する。アタルのサーチングアビリティを生かして警察の捜査要請に協力してもらえば、事務所からの訴えを取り下げてもらうと提案。その捜査依頼とは、ある日突然、姿を消した地下アイドルの行方を探してほしいというものだった――。

幼少時代のあるトラウマから潔癖症になりコミュニケーション能力も著しく低くなってしまったアタルが、恋の力を借りつつもコミカルかつ華麗に(でも全て自分の部屋で)謎を紐解いていく姿は、1秒たりとも目を離したくないほどに見どころ満載。

Huluで独占配信するディレクターズカット完全版では、それらを改めてじっくり鑑賞することはもちろん、豊富な未公開カットから、また新たな角度で本作を楽しめること必至。さらに「後編」では、海外版の続編を予感させる、ある衝撃シーンも盛り込まれているとか……!?

<監督・水野格 コメント>
このドラマには「世界各国の在宅ネット探偵がチームを組んでとある国際的な巨大事件に挑む」というマーベル・ユニバース的な壮大な構想があります。アタルはその中の一人なんです。日本の物語を完結させる事に重きを置いた地上波版と違って、このディレクターズカット版はより国際的な事件に繋がるエッセンスを感じられる内容となっているので、より深く楽しみたい方は是非ご覧下さい!

画像ギャラリー