奥野壮“仁科”は恋に臆病!?イケメン4人が無駄を楽しむラブコメドラマ

公開: 更新:

奥野壮が主演を務める学園ラブコメディドラマ『恋に無駄口』 (テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:55~)が、4月16日より放送開始される。

原作は大ヒット作の「覆面系ノイズ」で知られ、少女マンガ誌「花とゆめ」(白泉社)にて連載中の福山リョウコによる同名コミック。メイン監督を務めるのは、ヨーロッパ企画の映像監督・山口淳太。脚本は橋本夏、ヨーロッパ企画の大歳倫弘兵藤るりなど個性あふれる面々が担当する。

<第1話あらすじ>
私立桐乃学園に通う高校2年生の仲良し4人組・仁科(奥野)、葵(藤岡真威人)、シロ(小西詠斗)、マヤ(水沢林太郎)は自ら「無形文化遺産代行保存部」(=通称・ムダ部)なる部活動を立ち上げた。

「人は夕日に向かってどこまで走れるか」「一番ケンカが強そうな平仮名選手権」などくだらない検証を真面目に行ってはSNSにアップする毎日! 周囲からは「イケメンの無駄遣い」と呼ばれながらも、当の本人たちは無駄口ばかり叩きながら過ごす生活こそ「青春」と信じ充実した学生生活を過ごしていた。

この日も部室に集まった4人は無駄口をたたく。仁科が大好きな少女漫画について熱く語り始めれば、シロはお菓子ばかり食べている。そんな中マヤが買ってきた高級食パンに目を付けた葵が、「少女漫画、食パン……それだ!!!」とひらめく。こうして、葵のひらめきによってこの日の部活テーマは「食パンをくわえて走って、誰かにぶつかれば、恋に落ちるのか……」という少女漫画あるあるの検証に決定する。

舞い上がる無駄部メンバーだったが、少女漫画をこよなく愛する仁科だけは、リアリティがないと否定した上に、「時間のムダだろ。恋なんか」と、部室からひとり出ていってしまう。仁科が恋に臆病な理由――それは中学時代の、ある経験がトラウマにあるようで……。

果たして食パンと恋の検証はうまくいくのか!? そして彼らに運命的な出会いは訪れるのか⁉