Kis-My-Ft2千賀健永、“なごや男子”をプロデュース!『FNS歌謡祭』を狙いたい

Kis-My-Ft2千賀健永、“なごや男子”をプロデュース!『FNS歌謡祭』を狙いたい
最新エピソードを無料視聴

Kis-My-Ft2が“真のカッコイイ男”になるために、“脱ブサイク”を目指して様々な難題にチャレンジする番組『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系、毎週木曜24:25~※この日は24:40~)。4月14日の放送では、普段冒頭で流れる「令和のブサ恋コント」が、全く新しい“プロジェクト”として始動する。

VTRは、千賀健永扮する会社員が、上司に辞表を提出するところから始まり「僕には、地元の名古屋に帰ってやらなければいけないことがあるんです」と語る。「何をするんだ」と困惑する上司に対し「愛する名古屋を盛り上げるために、名古屋発のアイドルグループ“なごや男子”を作るんです!」と、力強く宣言するのだった。千賀は、早速オーディションを開催、なにわ男子のデビュー曲「初心LOVE(うぶらぶ)」を“なごや男子バージョン”にして口ずさみながら、メンバー候補を待っていると、愛知県出身の人気芸人がやってくる。

彼は自身の名古屋愛を語ると共に、千賀が着ている手羽先マークのユニフォームを絶賛する。機嫌が良くなった千賀だが、急に「“えせ名古屋好き”じゃないかどうかテストをしようと思う」と目つきを変える。オーディション会場は張り詰めた空気になり、焦り始めた彼に課されたテストとは一体? そして、見事“なごや男子”のメンバー入りをかなえることができるのか? 次回予告には新たなメンバー候補が登場する。

また、この日の放送では、新企画「キスマイが主演・脚本シリーズ」も始動する。いつもは、メンバー一人ひとりが出されたお題に対して、決められた設定の中でプランを演出しているのだが、今回は、撮影場所や登場人物の設定まで、すべてキスマイメンバーそれぞれが考え、理想の物語を考案する。栄えある第1回目のテーマは「学校で禁断の恋」。ヒロイン役のマイコ藤ヶ谷太輔は、切ないストーリー展開で沸かせる。ゲストの北乃きいは、藤ヶ谷の細かい演出を絶賛。ゲストの若槻千夏も「続きが気になる」と喜んでいた。一方で、北山のVTRは、マイコとの関わりを数年後まで描くという大胆な試みに挑む。ゲストの福田麻貴3時のヒロイン)は、北山とマイコのあるシーンをほめまくる。

横尾渉は「好きな映画の恋愛に発展する演出をまねさせていただきました」と自信を見せるが、北乃からカメラワークをダメ出しする場面が。今回チャレンジしたのは、メンバー7人全員ということで、後編は次週に続く。かなり気合の入った、そして見応えあるVTRが続々登場する。

なお、前回の放送では新企画「ウソつきは誰だ?キスブサ ライアー7」が行われ、ゲストの松下奈緒ベッキーが誰がウソをついているのかを見破るべく、キスマイメンバーと心理バトルを繰り広げた。

<千賀健永 コメント>
――“なごや男子”プロジェクトについて。

こうやって名古屋に関わるお仕事ができるというのは、うれしいですね。なにわ男子に乗っかっちゃっている部分もありますが、“なごや男子”というグループも知っていただき、ゆくゆくは『FNS歌謡祭』を狙いたいと思います(笑)。

――新企画「キスマイが主演・脚本シリーズ」について。

自分の作品に納得はいっているのですが、点数に結びつかないんですね……。5日間考えて作った作品なのですが、いい意味で“共感できない”動画になっていると思います。新しい感覚として楽しんでいただけたらと思います!

※千賀のVTRは4月21日(木)の放送回で披露される。