ワイルド・スピード森川、コーナー初“道場破り”の登場で大波乱!

公開:

それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59~)が、4月13日に放送される。

同番組は、世の中の“今”を映し出すリアルドキュメントバラエティ。「どうなの課の課長」の生瀬勝久、「主任」の博多華丸・大吉、レギュラーの森川葵大島美幸森三中)、そして、春日俊彰オードリー)が出演する。

毎回、驚異的なスピードで達人技を習得してきた“ワイルド・スピード森川”。今回は複数のサイコロをカップに入れて振り、何段にも積み上げる技“ダイス・スタッキング”3度目の挑戦! 

森川を待っていたのは、過去にも当番組に登場してくれた達人、“すごろく&ゾエ”。しかし今回森川が挑むのはこの達人の新たな技ではなく、なんとコーナー初となる“道場破り”。番組宛に「サイコロが大きすぎる! 自分が使っている小さいサイコロで挑戦してもらいたい」と“挑戦状”のメールが届き、送り主の男性が、従来の約半分ほどの大きさしかないサイコロを持参し登場。サイコロが小さくなると安定感が下がり、難易度はグッと上がる。“道場破り”の大技におののく達人たちと森川。しかし森川はアクセル全開で挑み、“道場破り”の男性も「なんでそんなほいほい出来ちゃうんですか」と困惑。そして、波乱の展開に……。

続いて、オードリー春日の「人間にはできないとされているコトに挑戦」第3弾。世の中には物理的・人体の構造的にできないとされているコトが多数ある。それは本当にできないのか、できてしまうのか? 今回も春日が徹底検証! 人間には難しいとされる7つのことにチャレンジする。

「絶対に一回では読めない言葉」では、3回まで挑戦できるルールに対し「いや、1回でいいよ」と余裕そうな春日だが、まさかの苦戦? 次は「とある状況で“つま先立ちができない!?”」という検証。春日は挑戦を続けるも、そのたびに床に倒れこんでしまう。できないいら立ちから「だぁぁぁぁっ! クソォォ!」と大暴れ。挑戦を続けること20分、果たして結果は?

「卵は手で握りつぶせない?」では、1春日(=1.2馬力)のフルパワーを発動させるも、卒倒寸前!? 春日は、人間の限界を超えられるのか!?