宮世琉弥“村井”、次元を超えたコスプレ姿で高橋ひかる“田中”の前に現れる!

公開: 更新:

高橋ひかるが主演を務めるドラマ『村井の恋』(TBS系、毎週火曜24:58~)の第2話「ラブストーリーは必然に」が、4月12日に放送される。

本作は、島順太による同名マンガが原作。乙女ゲームの“推し”キャラクターに本気で恋をする教師と、その教師に恋をして猪突猛進にその感情をぶつける男子生徒の恋愛模様を描いたノンストップ・ラブコメディ。

先週放送された第1話では、ゲームのキャラクター・春夏秋冬(ひととせ)に恋をしている高校教師の田中彩乃(高橋)が、生徒の村井(宮世琉弥)からアプローチされるも、「男の黒髪ロン毛は対象外」と村井の好意をはねのけてしまう。その後髪を切り、金髪にした村田の姿にネット上では「再現度ハンパない」「本当に少女マンガから飛び出してきたようだ!」「原作通り」といった声が寄せられていた。

<第2話あらすじ>
元より村井(宮世)のファンだった1年の双子姉妹・西藤仁美(莉子)と悠加(鶴嶋乃愛)は、金髪の村井が春夏秋冬にソックリだと大興奮! 村井は、田中彩乃(高橋)が呟いた理解不能な言葉「ヒトトセ」が乙女ゲームのキャラクターだと知る。二次元の男に嫉妬した村井は、彼の正体を知るために西藤姉妹にゲームを貸して欲しいと言い出す。

一方、田中は週末に開催される同人誌即売会イベントを前に忙殺されていた。春夏秋冬禁断症状に苛まれながらも、血眼になって仕事を片付けていく。

そしてついにやってきたイベント当日。変装バッチリ、決死の形相で会場へ向かう田中の前に、次元を超えたクオリティの春夏秋冬コスプレをした村井が現れて……。