ダウンタウン松本人志、新作コントが反響「発想がすごい」

公開: 更新:
ダウンタウン松本人志、新作コントが反響「発想がすごい」

キングオブコントの会2022』(TBS系)が、4月9日に放送。ネット上では、ダウンタウン松本人志書き下ろしのコントに称賛する声が集まった。

毎年開催されているコント師日本一を決める大会『キングオブコント』とゆかりのある芸人たちが、同番組のために書き下ろした新作のコントを披露。昨年に引き続き、2回目となる今回は、松本ほか、審査員経験のあるさまぁ~ず三村マサカズ大竹一樹)、バナナマン日村勇紀設楽統)、さらに過去のチャンピオン12組が集結。それぞれの年の王者が、作・演出・キャスティングを務めた。

さまざまなコントが披露される中、最後は松本の作品。「編集がどうなっているのか楽しみ。ドキドキします」と期待をよせた。

松本のコント「落ちる」は、ある一室からスタート。リードボーカルの松本、サイドボーカルの豊本明長東京03)と長谷川忍シソンヌ)​​、ベースの大竹、ドラムの岩崎う大かもめんたる)のおじさんたちが、チェッカーズ風の衣装に身を包み「俺たちのロカビリーナイト」を歌っている。彼らが熱唱していると、ある異変が起きてしまう!

松本が「配役が良かった」という約15分のコントが終了。感想を求められた小峠英二バイきんぐ)は「僕、音楽が好きで普段からロカビリーも聴くんですけど、これはロカビリーじゃないですね」と切り捨て笑いを誘った。

なぜチェッカーズの楽曲を選んだのか問われると、松本は「たまたま移動中に、“そういえばこんな歌あったな”と思いながら(聴いていると)『落ちる』を想像しちゃったんで」と回答。彼のネタの着想に三村も舌を巻いた。そんな中、大竹の口からコントの秘密が明らかとなる……。

ネット上では、お笑い界のレジェンド・松本作のコントに「めちゃくちゃ面白かった」「松本ワールド全開​​」「発想がすごい」とのコメントがあった。