菅田将暉のラジオでメールを読まれたい!63歳主婦の願いは叶うのか?

菅田将暉のラジオでメールを読まれたい!63歳主婦の願いは叶うのか?
最新エピソードを無料視聴

松本人志ダウンタウン)が局長を務め、一般の方から寄せられた謎や疑問を徹底的に究明するため探偵を派遣するバラエティ『探偵!ナイトスクープ』(ABCテレビ、毎週金曜23:17~※関西ローカル)が3月25日に放送された。

探偵・橋本直銀シャリ)が担当したのは、菅田将暉の深夜ラジオ番組でメールを読まれたいという63歳主婦の依頼。趣味もなく、家事に追われてきたが、8年前にたまたま見たドラマで菅田の大ファンに。ラジオ番組に何度もメール投稿するも、一度も採用されず、しかも番組は最終回が迫っているという。

あの声でメールを読まれたいと切望する依頼者だが、生放送でどんどん話題が変わるため、タイムリーにメールを送るのが難しい。そこで、橋本は『探偵!ナイトスクープ』の優秀な構成作家3名を依頼者のフォローにつけ、2時間のラジオ生放送中にメールを送り続ける作戦をとるためともに待機する。

いよいよラジオの放送がスタート、オープニングトークの話題は卒業。番組の最終回が近いこともあり、「卒アルとかつくる?」という菅田の発言に、橋本らは反応。依頼者の時代は写真オンリーだったという情報を聞き出し、早速投稿する。その直後に菅田から「卒アルとか残ってます? みなさん」とリスナーに問いかけが! 話題を先取りできたと、メール採用に期待が高まる橋本ら。しかし、読み上げられるのは依頼者と違うラジオネーム。そのたびに一斉にうなだれる一同。昨年度に中学を卒業したJK(女子高生)のメールのときは、橋本もライバルの層の厚さを痛感したようで、「JKかぁ、JK対63歳やから……」と思わず唸ってしまう。

その後も、歳を取ると顔がテカるという話題には、さらに年齢が上がると手の脂がなくなりATMが反応しなくなる、人生相談のコーナーには、東京に遊びに来た63歳を菅田ならどこに連れていくかなど、キャッチーな話題でメールを連投するも取り上げられず、刻一刻と放送時間だけが過ぎていく……。

次回は4月1日に放送される。