坂本昌行、19年ぶりドラマ主演は「ワクワクドキドキ」動物との“絆”に感謝したエピソード語る

坂本昌行、19年ぶりドラマ主演は「ワクワクドキドキ」動物との“絆”に感謝したエピソード語る

坂本昌行が、3月26日(土)19時から放送されるスペシャルドラマ『ペットドクター花咲万太郎の事件カルテ』(BS‐TBS)で主演を務める。このたび行われた取材会で、19年ぶりとなるドラマ主演への意気込みや、作品の魅力、共演者との交流などについて語った。

BS-TBSでは、3か月連続で新作オリジナル2時間ミステリーを放送中。その第3弾となる本作で坂本が演じるのは、ちょっと風変わりだが動物を心から愛する獣医師・花咲万太郎。万太郎のバディ役となる刑事・蓑田玲子役で矢田亜希子、玲子の部下・嵐山健吾役で中山優馬、万太郎が働く大槻動物病院の元院長役で正名僕蔵が出演する。

「19年ぶりの主演ということで、ワクワクドキドキしながら参加させていただきました」と心境を語った坂本。脚本を読んでの印象を「19年ぶりの主演なので不安に思っていたところもあったのですが、脚本を読んで“なんか(万太郎と)似てるなぁ”と思って、これなら楽しく演じられそうだと思いました」と、脚本を担当した深沢正樹の当て書き(※役を演じる俳優をあらかじめ決めておいてから脚本を書くこと)のおかげでプレッシャーが和らいだと話す。

本作は、万太郎が被害者の愛犬・タクトと触れ合うことで、だんだんと謎が紐解かれていくストーリー。動物のいる撮影現場での苦労を聞くと「おやつは偉大なる力を持っていることがわかりました。おやつをあげると、しっかりと言うことを聞いてくれるんです」と笑顔。また「撮影の中で唯一、橋本一監督が“上手い!”と唸ったシーンがあるんですよね」と切り出すと、それは(タクト役の)げんたくんのシーンだったそうで、「動物が持っている自然な表情は素晴らしいと思いました。勉強になりました」と動物との共演を振り返った。

さらに、“人間”の共演者についても。矢田、中山、正名とは初共演だったが、撮影現場では「中山優馬を捕まえて話していました」と撮影の合間に後輩の中山と交流していたことを明かす。坂本は初共演だと思っていたが、実は過去に野球大会で共演しており、それを坂本が忘れていたというエピソードも。

また、作品にちなみ、自身と動物との思い出を聞かれると「僕が初めてブロードウェイミュージカルに出演した時に、千秋楽の翌日に実家に行ったら、当時飼っていた(猫の)アメリカンショートヘアが“昨日亡くなった”と聞かされました。ショックを受けていると、母に“あなたの千秋楽を待って亡くなったんじゃないの”と言われて、寂しさと共に感謝が生まれましたね」と、人間と動物の絆を感じたと話していた。

<あらすじ>
ある夜、大槻動物病院の獣医師・花咲万太郎(坂本)は病院で預っている犬の散歩中、遠くから聞こえる切ない犬の鳴き声に気付く。鳴き声を頼りに駆けつけると、公園の階段下で初老の男性が頭部から血を流して倒れており、既に息絶えていた。傍らには男性の飼い犬と思われるフレンチブルドッグが鳴いていた。

男は森本要之助、65歳。ペット用品通販会社「ペットライク」の社長と判明した。事故死なのか? 他殺なのか? 捜査本部の蓑田玲子警部(矢田)は、第一発見者の獣医師が現場にいた犬を連れ帰っていると知り、大槻動物病院に万太郎を訪ねる。動物たちに愛情を注ぐ、人間世界のことには全く関心がなさそうで、かなり風変わりな印象の万太郎。しかし、現場の公園にいた少年の容貌を問うと、事細かに話すその記憶力に玲子は興味を持ち、森本家訪問に万太郎を同行させることに。

会社「ペットライク」の経営をめぐって複雑な事情がありそうな森本家。亡き社長の愛犬タクトも引き取れないという。「ペットライク」の親会社の悪質ブリーダーとの関係や、現場の公園にいた少年が出入りしていた動物愛護団体の施設の存在も浮上。果たして、事件の真相は!? 被害者の愛犬・タクトは事件解決の鍵を握っているのか!?

PICK UP