なにわ男子・大橋和也、有名洋食店の“チキンファンタジー”に「泣きそう」

なにわ男子・大橋和也、有名洋食店の“チキンファンタジー”に「泣きそう」

なにわ男子のリーダー・大橋和也と、シソンヌ長谷川忍が、悩み抜いて選んだ定食をひたすら食べまくるグルメ番組『黄金の定食』(テレビ東京系、毎週日曜25:35~)。3月13日の放送では世田谷区にある洋食屋「えいらく」を訪れた。

「来たいなと思っていたので、来れて嬉しいです」と語った長谷川に、大橋が「有名なんですか? ここ」と聞くと、長谷川はすかさず壁にズラリと並んだ芸能人のサインを指さす。黄金の方程式によると「サインがたくさんある店は名店の証」だそうで、長谷川は「これだけあるんだから、間違いない!」と期待に胸膨らませる。

50年前から夫婦2人で営む「えいらく」は、佐藤シェフが手掛ける手間暇かけた洋食に多くのファンが存在。サイドメニューがないという潔いメニュー表には、17種類の定食が並ぶ。最初は長谷川がハヤシライス、大橋が特製オムライス、とそれぞれ食べたいものを挙げていたのだが、「えいらく」好きのディレクターのプレゼンVTRを見て、オススメ3位のビーフシチュー、2位のカツカレー、1位のハンバーグに心が揺れまくる2人。ディレクターも、これまでの放送でオススメを紹介しても2人に選んでもらえていないことから「絶対に食べてほしい!」と大声を出す。

しかし、やはり2人が参考にするのは、常連の声。メニュー表を見て一番に気になっていた「チキンファンタジー」の名前を出されてしまい、2人はさらに悩んだ結果、「チキンファンタジー」をチョイス。そしてようやく「チキンファンタジー」を食した大橋は「泣きそう、また」と感動をあらわにした。

次回は3月20日に放送。昭和感満載の大衆割烹で悩むこととなる。

PICK UP